空港から市内の移動が大変な国は遠慮したい

移住先を決めるにしても、ただの旅行にしても、空港から市内までの移動が大変な地域は辛いですね。カンボジアに行ってつくづく思いました。

空港~プノンペン市内の移動は通常なら車で20~30分の距離。でも1時間は見ておいた方が良いです。16時頃から19時過ぎまでと通勤ラッシュは長いので、ひどい時は1時間半かかってしまうこともあります。

全日空(ANA)の成田からの直行便は、現地着が15:10、現地発が22:50と、両方ともちょうど交通渋滞に巻き込まれる時間帯なのです。

到着時はギリギリ大丈夫ですが、入国手続きに時間がかかるともうアウトです。私は帰国便が土曜日だったので、市内を17時過ぎに出発しましたが、少しはマシでした。

 

鉄道が発達していない国は車がメインの移動手段となるので、交通渋滞がひどいです。フィリピン人の知り合いからは、マカティ~ボニファシオまでの徒歩1時間の距離を歩いて通勤する人もザラだと聞きました。

日本ほど遅刻に厳しくはないでしょうけど、時間が読めないのは厳しいです。途中で気分悪くなったりトイレに行きたくなっても降りにくいし、降りたところでまた車に乗ることに変わりはありませんからね。

空港から市内までの列車がない、もしくは便が悪いということは車社会だろうと見て、アジアを中心に空港から市内までの移動手段を調べてみました。

 

スポンサーリンク

アジアの国の国際空港から市内までの移動手段

中国

浦東国際空港~上海市内

タクシーやバスのほかに地下鉄やリニアモーターカーもあり。

ただし地下鉄は普通の電車なので1時間ほどの乗車時に混みます。リニアは1,000円以下で乗れますが、終点から市内までがまだ遠いです。

 

北京国際空港~北京市内

タクシーやバスのほかに地下鉄やエアポートエクスプレスもあり。

地下鉄網は発達しているのでエアポートエクスプレスの終点から地下鉄へ乗り継げば移動は楽。タビナカマガジンのMayさんが詳しく書かれています。

 

 

香港

香港国際空港~九龍・香港島

タクシーやバスのほかに地下鉄(MTR)やエアポートエクスプレスもあり。

地下鉄と共通で使えるオクトパスカードで移動は楽々。九龍駅と香港駅からは、ホテルや地下鉄の駅などを回る無料のシャトルバスあり。

ちなみに帰国時は両方の駅で航空会社のチェックインができるので超便利!やり方はchihiro noteのchihiroさんが詳しく書かれています。

韓国

仁川国際空港~ソウル市内

タクシーやバスのほかにA’REX(エーレックス)と呼ばれる鉄道あり。うろうろブログさんが詳しく書かれています。

 

シンガポール

チャンギ国際空港~市内

タクシーやバスのほかに地下鉄(MRT)あり。GRABも利用可。

香港の地下鉄はMTR(Mass Transit Railway)ですが、シンガポールの地下鉄はMRT(Mass Rapid Transit)です。ややこし~~💦

詳しい情報は、子連れシンガポール旅行記のmariさんが書かれています。

マレーシア

クアラルンプール国際空港~クアラルンプール市内

タクシーやバスのほかにエクスプレストレインあり(もちろんGRABもOK)。

ただしエクスプレエストレインはかなり高い。詳しくはバジェットな旅行記ロクのチャンビアさんが書かれています。

 

カンボジア

プノンペン国際空港~プノンペン市内

タクシーやバスのほかにエアポートエクスプレスあり。

とはいえ、ディーゼル機関車のうえ本数も少ないため、選択肢には入りにくいですね。基本タクシーかGRABです。

なお、GRABでは車のほかにトゥクトゥクというバイクの乗り物も呼べます。最初は怖かったのですが、一度乗ると気軽に拾えるので便利です。

ただし空港から市内という長距離は考えた方が良いでしょう。ほこりや砂利、突然の雨などの時に短時間なら我慢できるけれど…という点です。

インドネシア

スカルノ・ハッタ国際空港~ジャカルタ市内

タクシー、バスのほかに電車も新しく開通。

電車は1時間に1~2本とまだ便利に利用できるまでには至っていないのと、バスも含め行きたい所までジャストに連れて行ってもらえないのがネックです。

ジャカルタ空港鉄道についての詳細は、4travelでnonokurokoさんが書かれています。

配車サービスではGRABのほかに、OJEK(オジェック)」と呼ばれるバイクタクシーが有名ですが、ヘルメットかぶって後ろにまたがるって日本人観光客には非現実的でしょ。

ということで、メインの移動手段はタクシーとなります。

 

フィリピン

私が移住予定のフィリピンもバリバリの車社会です。

ニノイ・アキノ国際空港~マカティ市内

タクシーやバス、GRAB。

フィリピンは空港からの電車が無いので、GRABが移動手段としてよく利用されます。ちなみにGRABでは普通の車だけじゃなく、ジープニーと呼ばれる荷台のような乗り合いタクシーもあります。

ジープニーは長く住んでいる人でないとハードルが高い感じがします。顔立ちからフィリピン人じゃないことはわかってしまうので、スリやぼったくりに狙われやすいからです。

ちなみに、日本人とわかるかというと、そこまでではないようです。現地にいる間に中国人や韓国人によく間違われました。タクシーの運ちゃんによると、「目が細いのは中国人だと思ってる」とのことでした。

 

今まであまり考えたことがなかったけれど、やっぱり空港から鉄道が使えるのはいいですね。特に子供づれには空港から市内の移動は大切な選択基準。

フィリピンは鉄道を通す計画があるので、早く工事が進んでくれることを願います。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました