ボニファシオグローバルシティのアスコットホテル

ドキドキの初フィリピンからもう1週間が過ぎようとしています。早い~!!

先週の今頃は1人でホテルの部屋に戻り、歩き回って疲れた体を癒そうと、バスジェルをバスタブで泡立ててた頃です。

(自分が写ってしまってますが…)

 

宿泊したアスコットホテル(BGC)は、自炊ができるキッチン一式(キチネットというらしい)があり、洗濯機まで完備されていました。 

↑左に大型冷蔵庫、その奥がドラム式洗濯機
右が電子レンジや電気ケトルなどもあるキチネット(kithenette)

 

部屋も広くてのびのびできました 

 

ベッドの上には、ホテルからのお手紙(これはよくあるやつ)と、担当のハウスキーパーさんからの手書きのメッセージが置いてありました。

 

写真撮り忘れちゃって帰って来てから撮ったので、開封済ですが、バナナチップとココナッツがお土産に置かれてました↓

おいしかった!これは高級な方じゃないかな。

このほかにペットボトルの水が3本置いてあって、次の日も補充してくれたから水は買わずに済みました。

 

ちなみに旅行会社のサイトには、アスコットホテルは電源プラグが日本と同じ形と書かれていることがありますが、同じ形の箇所は1つでした。

だから、スマホとWi-Fi両方充電したい時などは変換プラグが必用です。

↑左の上の所だけ

※追加情報…右側のコンセントも、下の2つの穴にそのまま日本のプラグを差し込めば使えるそうです。

電圧が240Vまで対応しているかわからないなど不安な方は、念のため変換プラグと変圧器を持って行くと良いかも。

 

 

トイレはこんな感じ。バスタブの他にシャワーブースがあるのが良いですね。

ドライヤーは洗面所じゃなく、お部屋のクローゼット内、セーフティーボックスの所にあります。

 

一人で泊る時に何が困るかって言うと、使い方がわからなくても相談できる人がいないってことですよね。

Wi-Fiのログインができなくて電話でフロントに問い合わせようとしたら、電話がハンズフリーのもので電源が入ってない…(苦)

わざわざ着替え直してエレベーターで下りました。

そして確認すると、チェックインの時に聞いた情報(Room number, Last name)を勝手に逆に理解していたようです。

USER NAME とあったので、てっきりこっちが名字だと思ってしまったのです↓

 

ちなみに、電話が使えなかったのは、受話器の電源がOFFになっていたから。

ずっとCHARGEの所にランプが点滅していたので、てっきり充電が不具合なのかと思ってましたが、受話器の電源をONにしたら「ツーッ」という音が聞こえてきました。

 

朝ご飯は、2階のビュッフェで食べました。

 

1日目は7時ちょっと過ぎに行ったのでほとんど人がいません。

だけど小心者の私は、お料理が並んでいる所は写真に撮れませんでした。スタッフがたくさんいたので(>_<)

 

 

2日目は8時半だったので混んでました。2人掛けの席は隣りとの距離が近くて会話が丸聞こえ。

でも「ここは海外だから気にしない」と自分に言い聞かせて楽しみました。となりが日本人だったらイヤだったかもしれないけど。

 

ところでアスコットホテルに到着する日、ウーバーで空港から行ったので、運転手さんに上手く説明できるかなー?と心配でした。

地図で確かめてはいたのですが、入り口がどっちかわからなかったので。

 

でも、ウーバーに登録している運転手さんは主要なホテルとかは精通しているみたいです。入口の所でガードマンにチェックされる時も慣れた対応でした。

 

28thから回り込んで4thアベニュー側から入る↓

 

アスコットホテルの入口を出た左側(上の写真では右側)には、フィリピン料理のレストランがあるのですが、ここは明るくて日本人でも入りやすかったです。

Manamというお店です。

 

何を注文して良いかわからない場合は、「What is the most popular dish?」と人気のメニューをお店の人に聞いてしまいましょう。

 

ホテルのみの予約だと2泊で34,300円でしたが、H.I.Sで航空券とセットで頼んだので、76,500円でした。

(航空券のみで予約すると63,990円。合計では98,290円なので21,790円お得でした)

 

ただしこれは半年前に予約したもので、申し込み後に即振込みしなければならず、しかもキャンセル不可!

条件が良くないから安かったんでしょうね。

 

時期を選べばもっと安く行けるので、研究してみて下さいね。

⇒フィリピンのホテルを希望日や人数から最安値検索

 

 

↓7階にあるプールを上から撮影

↑ガラスでよく見えないので説明を加えてみました

タイトルとURLをコピーしました