海外移住のために資産をふやす方法を模索中

海外移住まであと2年。まだたっぷりありそうな気もするけれど、それまでに資産を増やさなければならない私には短く感じます。

貯金じゃ増えないのは周知の事実です。だから手堅く株式に投資していたけれど、最近は証券口座の表示はどれもマイナス。気持ちは焦るばかりです。

 

迷走する中、証券会社や金融商品取り扱い業者らが共催する投資フェアに行ってみました。

すると、予想よりはるかに多い人のかたまりを見て、こんなにたくさんの人が投資しているのか…と驚愕しました。普段、投資の話は人としないからわからなかったけれど、実はみんなちゃんとやっているんだなと。それにしても、この中の何人が勝っているのでしょう?

 

セミナーも各ブースで開催されていたので、いくつかのぞいてみました。

それぞれに勉強になることが聞けたのですが、迷ってしまったのは、何に投資するかでやり方がまったく違うことでした。

 

たとえば株ひとつ取り上げても、長期で持つ場合と短期で持つ場合で違いがあります。

長期投資は売買高より将来性や事業計画などが重要になり、短期投資は直近の企業業績や売買高などが重要になるようです。見る観点が違うんですね。

FXはチャートの動きが大事だけれど、株のデイトレだとチャートはあまり役に立たないとか。

う~~ん、自分はどうしたらいいのか、わからなくなってしまいました。

 

とりあえず期限は2年だから、長期投資でないことはわかります。2年の間に効率的に増やすには、FXや信用取引のように売りも買いもできるものでないと、景気が下がっている時には何もできなくなってしまいます。

そうはいっても、去年から頑張っているFXでは、どんどん資金は減って行く一方。なかなか勝てるようにならずに立ち往生しています。

老後のために貯めておいたお金をほとんど、カコの学校(海外移住)に使ってしまうので、その後のことも心配です。

ああ、また不安が襲って来たーー。そいう時はとりあえず寝ることにしようzzz

 

タイトルとURLをコピーしました