ちょっとした気配りのコツは…

先日、友人にすすめられてにほんブログ村に登録しました。

それを機に考えました。このブログ、どうしたら見てくれる人の役に立てるだろう?と。

もともとは海外移住するまでの記録用に作ったブログでしたが、少しずつ参考にしてもらえるようになって来ました。実際に移住したらもっと向こうの様子を伝えられると思います。

でもそれまでは単なる自分の日記になってしまっています。

自分としてはそれでも良いんですが、ブログ村の登録を機に、お互いにメリットがある方向にもって行けないかと考えました。

私は読んでもらえて嬉しく、読んで下さる方には参考になるように。

スポンサーリンク

三方よし

なんでそんなことを思ったかというと、何かにつけて三方よしの言葉が出て来るからです。見ていたテレビしかり、読んだ本しかり…。

三方よしって仏教の教えかと思っていたら、近江商人の心得なんですってね?おもしろいことに、三方よしを世界に広げる会というものまでありました(笑)

 

このサイト、まだ活動してるのかな?と思ってブログを見たら、2017年で止まってる!

だけどそれが「フィリピンセブ州大学生100人に三方よしの大切さが伝えられました」って記事!

勝手にご縁を感じる(*‘∀‘)

 

話が大幅にそれましたが、三方よしは「買い手よし、売り手よし、世間よし」なんですよね。

世の中の役にも立つなんて、それはちょっと話が大きすぎて難しそうです。

 

とりあえず自分の知識の棚卸をしたところ、人よりよく気づく性質がありました。

昔から「気が利くね~」とよく言われ、そのせいか秘書室に配属になりました。

ちょっと言い訳すると、気が利くって言うのは良いことばかりじゃなくて、よく気が付いてしまう、それはつまり口うるさくもなるってことです。←家族にうるさがれる(-_-)

 

だから決して自慢したいとかじゃなくて、どうやって考えて気を利かせているのか?そのコツだったら自分でも発信して行けるかも…と思いました。

そこで実験的にこれからの投稿の最後にワンポイント気配りを入れてみようかな?と。

気配りって相手への思いやりだから、もし少しでも気配りさんを増やす助けになれたら、それは「世間よし」にもつながりますよね。

 

まあ、もう一つのきっかけは今朝のできごとなんですけどね。

我が家の長女(カコのお姉ちゃん)はもう成人です。今日はご両親が不在のお友達の家に数人で遊びに行くと言いました。

私「お土産持ってくんでしょ?」

娘「みんなで買い出しするから何も考えてないよ」

私「でもご自宅にお邪魔するんでしょ?」

娘「だって誰もいないし、いらないものをあげたってねえ」

 

娘の言うことには、今どきは必要ないお土産なんてかえって困る世の中だというのです。

たしかに私の時代の常識とは違ってることも多いから、う~んそうか、といったんは黙りました。

でもハッと思い出したのです。そのお友達(Mちゃん)はおばあちゃんと同じ敷地内に住んでいて、仲も良いと聞いていました。だから、

「おばあちゃんが喜ぶようなもの(例えば和菓子やお茶とか)を買って行ったらどう?」

とアドバイスしました。

おばあちゃんが嬉しいものだったらMちゃんに感謝をするだろうし、そうしたらMちゃんも嬉しいんじゃないかと思ったのです。

贈り物は難しいですけどね。自分が嬉しいものが相手も嬉しいわけじゃないし、それこそ娘が言うように、今は何でも家にあるから、かえって邪魔になってしまうかもしれません。

結局娘がどうしたかはわかりませんが、こういうこと、小さいころから教えて来たのになあとちょっとがっかりしました。OJTじゃないけれど、気配りのコツを身近で教えて来たのに…。

 

そこで今日の気配りワンポイント!

お土産選びは必ずしも相手宛じゃなくてOK。間接的に喜んでもらえるものを相手の背景から想像すると良し。

 

こんな感じですかね。なんか、しばらく迷走するかもしれませんが、よろしくお付き合いくださいm(_ _)m

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました