持参する荷物に「念のため」はほどほどに

連休で時間が取れそうなので、ちょっと早いけど荷造りをすることにしました。

あらかじめ考えたものをメモしてあるので、今日はスーツケースの片側に詰めるだけです。

 

メモを見返してみると、「念のため」のものが意外と多い。

たとえば、トイレットペーパーやティッシュ、シャンプー&リンス、折り畳み式バケツなど。

 

これネットで調べて、あると便利の部類に含まれていたものばかりです。

 

トイレットペーパーは少ないことが多いので、現地で買うことになるけれど、質が悪いので日本から持って行った方が良い

シャンプーやリンスは髪に合わないことが多いから持って行った方が良い
折り畳みバケツはお風呂の桶代わりになるし、手洗いの時にも便利

 

といった具合です。

私もそれで用意していたのですが、気づいたらめっちゃ荷物が重そうになってました。

 

で、とうとう、もうやーめた!と言いたくなりました。

 

質が悪い?いいじゃん、別に。1か月くらい髪やお尻がカサついたって。

バケツなんてなくたって、どうにかなるよ、きっと。

 

 

もしかして、読んでいただいた人の中には、「そんなの当たり前じゃない?」と思う方もいるでしょう。

けれどこのブログは、そう!心配性な母のブログなのだ。同じ心配性人間ならわかってくれますよね?こういう小さなことが気になってガッチリ用意してしまうんです。

 

今回はそういうのをやめて、極力向こうで買うことにしてみます。

そのうえで、やっぱり持って行った方が良かったなと思ったものをまとめてみたいと思います。(⇒8月のブログで公開しました)

 

ちなみに、そうは言いながらも持って行く予定の「念のためグッズ」はこちら↓

 

・小物干し(滞在先に洗濯機が無いため)

・ゴキブリ対策(現地のは薬がきついらしいから)

・延長たこ足コード(電源が足りないと嫌だから)

・洗面日用品2~3日分(すぐに大量の買い出しは厳しいから)

 

あれ?意外と多い…?( ´∀` )

 

タイトルとURLをコピーしました