移住がとん挫した現在の心境

フィリピンへの親子移住が前日にキャンセルとなり、もうすぐ3か月がたとうとしています。

3年という年月をかけて準備して来た移住がキャンセルになったのに、不思議とそれほど悔しい気持ちはありませんでした。

 

たぶんもっと小さな原因(たとえば熱を出したとか)でキャンセルになったのなら「え~!そんなあ!」と悔しがったでしょうが、コロナは全世界的な被害。事態が事態なだけに、不可抗力とあきらめられました。

でも今日、8月に取り直していた航空券の予約をキャンセルしたら、ドッと気が抜けてしまいました。もう移住の可能性はなくなったと判断したからです。

 

スポンサーリンク

移住を断念した理由

移住をやめようと思った理由は2つあります。

 

当初の予定では、カコが中学入学と同時に移住し、高校で日本に戻るはずでした。

もし延期して移住を決行したとしても、安心して行けるのはたぶん来年かもう少し先。つまりカコは中学2年生になります。

日本の高校に戻るとしたら在籍2年。現地校ならともかく、日本人学校では帰国子女入試も無理でしょう。

となると、受験を考えるわけですが、海外の環境で日本の学校の受験勉強は厳しいと思えます。

もし1年生のうちから移住できていたら、カコの価値観が変わって海外留学も考えるようになったかもしれません。私としてはその可能性を強く期待していました。

でも2年生からでは友達に馴染むのに時間がかかるし、英語が身につく期間としては心もとない。

しかも今後、オンライン授業が続く可能性も無くはないので、そうなると海外の学校に行く意味が薄れてしまいます。

 

二つ目の理由である治安は、今のアメリカのデモを見ていると想像がつきます。フィリピンではデモより仕事を失った人の強盗や殺人が心配です。生きるための手段としてやむを得ない犯罪が増えそうです。

先月にはコロナ対策で1万人の犯罪者が釈放されたそうですし。大丈夫なのかな?

【5月3日 AFP】フィリピンの過密状態の拘置所で新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受けて、最高裁判所は2日、感染抑止策として入所者1万人近くが釈放されたと発表した。

 

なんの制限もないとしたらどうしたい?と考えた

まずはコロナ騒動が収まってくれないことには次の予定が立てにくいんですよね。

でも、そう言っているといつまでも先に進めません。だってどのように進んで行くかまったくわからないんだから。

 

だからここは一つ、今はなんの制限も無いと仮定して考えようと思いました。

そうしたら、こんなことを思いました。

 

・フィリピンへは一度必ず行く

退職者ビザを更新(あるいは取り下げ)しなきゃいけないから2、3年内に行く。

その時に少し長く滞在しようか?どうせ手続きには長くかかるんだろうから。

 

・家賃用に準備していたお金でぜいたくな旅行

コロナ騒動が起こったことで、いつどんなことがあるかわからないと改めて思った。

ずっと行きたかったモルディブも、行ける時に行っておかないと…という気持ちになった。

 

・引越し先を探す

南海トラフ地震のことがあちこちで噂されている。

津波が来て水没するかもしれないから、今のうちから考えておこうと思った。

 

今はいろいろな情報があり過ぎなので、頭で考えるのではなく直感に敏感になる方が良さそうですね。

みなさんの将来計画はどう変わりましたか?よかったらコメント欄で教えてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました