フィリピンではチップをあげてもあげなくてもいい?

フィリピンのレストランではチップはどうすればいいか調べた時、「必要」「必要ない」の両方の記事がありました。

現地の人に聞いてみたら、「渡しても渡さなくてもどっちでも良いんだよ」と、なおさら悩んでしまう答えが返ってきて、判断に困りました。



 

スポンサーリンク

チップはどうすればいいか?

フィリピンと一口に言っても、セブとマニラでは事情が違うかもしれません。私が行ったマカティでは、「あっても無くても良い」と言われたのです。

「タクシー(10%くらい)やベッドメイキング(20ペソくらい)、マッサージ(100ペソ~)などは必要だけど、レストランではサービスチャージが含まれていることが多いから、特別に良くしてもらったわけじゃない場合は、払わなくてもいいんだよ」と。

 

それで安心して、しばらくチップを置かずにお店を出ていたのですが、ある日、テーブル席がよく見えるカウンター席に座っていて、フィリピン人家族の支払いの様子が見えたのです。

これはチャンス!と思ってコソっと見ていたら、お父さんらしき男性は、支払い終わった伝票台の間に20ペソを挟んで席を立ちました。

フィリピン人はチップを置いて帰る人が多いという記事も読んでいたのですが、それは本当だったんだなと思いました。

↑これをたたんで置いて帰る

 

 

最初私は、「払う方があっても無くても良いと思うなら、受け取る方だってあっても無くても気にしないってことかな?」と思い、チップを置かずに店を出ていました。

 

でも、滞在しているうちに、「あっても無くても良い」の受け取り方がフィリピン人と日本人では違うなと感じました。

 

私たち日本人は、サービスにお金を払う習慣がないせいか、「あっても無くてもいい」と言われたら払わない方を選んでしまいませんか?(私だけかな?)

だって「1本サービスです」なんていうのは、「サービス」という言葉自体に「無料」の意味を含んでいるしね。

でも海外の人の多くは、おもてなしは別にしなくても良いものだから、良いおもてなしを受けたらチップを払うことは当然と考えているように思います。

 

もしそうなら、「20ペソなんてたかが40円だしね」という気持ちになり、サービスチャージが含まれている店でも、店員さんの愛想が良ければチップを置くようにしました。

 

結論としては、検索して見つかる「支払い料金の10%」というのはサービスチャージが含まれていない時の話で、伝票に「Service charge」と書かれていたら、ほんの気持ちとして20~50ペソくらい置くと良いでしょう(あくまでも強制ではない)。

 

1年半後に実際に移住したら、もっと正確な情報をお伝えしますね。

タイトルとURLをコピーしました