なんで学校に行かなきゃいけないの?

来年の移住まで、もう準備することは間際になってからやることばかりなので、最近はボーっと過ごしています。

Yahoo!ニュースを見ていたら、小学生ユーチューバーのゆたぽん君のことが出ていました。(⇒ゆたぽん君をめぐる賛否

自分で学校に行かないことを決め、YouTubeの投稿をして毎日過ごしているという小学生の男の子のことです。

あまり詳しく知っているわけではありませんが、賛否両論に必ず出て来る「なんで学校に行かなきゃいけないのか?」の答えは私も考えさせられました。

 

私は子供に、「義務教育だから行かなきゃいけないんだよ」と言って来ましたが、「なんで義務(=行かなきゃいけないの)?」と突っ込まれてしまえば、答えに困ってしまいます。

 

ゆたぽん君の生き方に対するコメントにはいろいろな意見が載っていました。

「幸不幸は本人や家族が決めること。」

「どんなに嫌でも毎日学校へ行ったが、それが何だったんだ?と思う」

 

という賛成派もいますが、

「嫌なことや我慢しなきゃいけないことから逃げてばかりじゃ生きていけない。それを学ぶ」

「生きるために稼ぐにはある程度の勉強(計算や漢字ほか)が必要」

などの反対派の方が多い印象。

私は本人の自由なんじゃない?とは言えません。つまり反対派なのですが、自分でも納得できるような理由が考えられません。

 

たとえばゆたぽん君のように給食の時間だけ行く、図工は好きだから授業にも出る、という出席の仕方は、それを受け入れる学校側は困ると思うのです。

私が先生だったとしたら、授業の組み立てや当てる順番、授業で使うものの準備など、ずっと来ない子の分は、物理的には用意していても、心の中では来ないものとして考えるようになります。

ところが突然出席となると、周りの子との関係にも気を配る必要があるし、途中で帰ると言われた場合、次から次へと「私も」「僕も」となったら困ります。だから、気分次第で来られては困る!と明言するだろうと思います。

 

もちろん、精神的に辛くて来られなくなっている不登校児の場合は別ですよ。そういうケースは配慮してしかりだから…

と、ここまで考えたけれど、不登校児とゆたぽん君、物理的にはどちらも同じじゃない?と思えても来ます。

そうすると、「我慢を覚えないと、一生我慢しないで生きてはいけないでしょ」ともっともらしい理由を思いつくのですが、本当に一生我慢しないで生きることはできないのだろうか?と自信がなくなったりもします。

 

スポンサーリンク

どうして上履きのかかとを踏んで履いちゃいけないの?

以前、小学校の先生をやっている友達と話している時に、上履きを踏んで履く子が多いという話になりました。

その先生は、「上履きのかかとを踏んで履いていると、避難する時に脱げたり引っかかったりして危険だからだよ」とダメな理由をきっぱり言いました。

私は深く考えたことが無かったので、そうか、と今さらながらに納得したものです。

 

同じように、「どうして学校に行かなきゃいけないか?」を考える時、その毅然とした理由は何でしょう?

 

自分としては、「将来やりたいことが見つかった時に、そのやり方や必要なもの、注意などを調べても、小中学校で基本的なことを勉強をしてなかったらやりたいことができなくなるからだよ」というのが本音の理由に思います。

『基本的な勉強』には、算数や国語などの教科のほかに、対人関係も入ります。

 

たとえば今、投資のことをいろいろ調べていますが、理解できない言葉があるとその単語を調べる所から始めます。わからない単語が50個ある人と10個しかない人だったら、進めるスピードが全然違います。単語を調べているだけで嫌になって「もう辞~めた」となってしまうかもしれません。

「勉強なら家でもできる」という意見もあるでしょうが、お金を得るための仕事をするにはコミュニケーション能力が必要なので、苦手な人もたくさんいる学生生活はその訓練の場になります。

アフィリエイトを生業にしていたころ、同じアフィリエイター仲間でも代理店の人と上手に付き合える人は、良い情報を得たり誠意ある対応をしてもらえて成果が上がりやすい傾向でした。誰だって良いコミュニケーションをとってくれる人には誠意で応えようと思いますもんね。

小中学校を卒業して何十年も人生を経験した大人だからこそ言える理由は、真剣に話せば子供も理解できるんじゃないかなと思います。

来年海外へ行ったら我が子も「学校へ行きたくない」と言い出す場面がありそうです。他人事ではないので、その時にしっかり子供を納得させられる具体例を用意しておかなくては。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました