海外で役に立ったクレジットカード

夏の長期滞在では主にカードを使ったので、ポイントがたくさんたまりました。でもそれだけじゃなくて、今回は随分カードに助けられたのです。

 

・病院での支払いが無くて済んだ
・空港ラウンジを使えた
・安心してカードを使えた

 

スポンサーリンク

病気になっても安心

私は海外に行く時にはいつも、クレジットカード2枚と海外プリペイドカードを持って行きます。

エポスカードは利用しなくても海外旅行障害保険がつくので、いつも他に海外旅行の保険には加入していないのです。

 

よく、カードの補償は金額が足りないという人がいますが、普通に病院にかかるくらいだったら全く問題ありません。(出発から90日以内)

 

今回も娘のカコが高熱を出して病院に行った時、病院の窓口で全く支払いをせずに済みました

診察料も薬代も、すべてカードの保険を適用してもらったからです。(⇒病院で受診した記事

 

その代わり、病院側が保険請求手続きをするために、パスポートのコピーと、出生証明となる住民票の写しが必要でした。

こんな時のためにもパスポートのコピーは持ち歩いていると良いのですね。私は持っていなかったので、後からメールで画像を送りました。

顔写真のページと、出国スタンプが押されているページです。

 

どんな書類が必要かは病院の指示に従って欲しいのですが、この二つはどんな場合でも必要なはずです。

うちの場合は、受診者がカードの持ち主の私ではなく娘だったので、出生証明が必要だったのでしょう。

 

住民票の写しは無かったので、ビザ申請に使った戸籍抄本の画像(PCに保存してあった)を送りました。

普通の海外旅行ならそれほど長期にならないでしょうから、帰国してから送れば大丈夫ですよ。その辺も、日本語が話せるスタッフが病院にいてくれると安心ですね。

⇒エポスカードの公式サイト

 

もっとも、1つ問題があります。エポスカードはプラチナカードでないと家族分まで補償されないのです。

では、なんで私がプラチナカードを持てたかについて次はお話します。

 

エポスカードを普段使いしてランクアップ

私はもともと、年会費がかかるカードなんて持ちたくないタイプでした。

エポスのプラチナカードは年会費が3万円かかります。だから頭の隅にも考えていませんでした。

 

ただ、マルイにはよく行くことと、誕生月にポイントがアップするメリットで、普段からエポスカードを使っていました。

それに、よく行く店舗を3つまで登録しておくと、ポイントがお得になるので、普段行くスーパーを登録して、食事などの普段の買い物をずっとエポスでしていました。

だから月々10万円は使っていたと思います。

そうしたらある日、ゴールドカードのインビテーションが郵送されて来たのです。

年会費は永年無料ポイントの有効期限がなくなる空港のカードラウンジを無料で使える、などの特典でした。

普通にエポスゴールドカードを作ろうとすると年会費が5,000円ですが、インビテーションで永久に無料になるなら…と申し込みをしました。

 

そしてまた生活費の支払いで使い続けていたら、今度はプラチナカードのインビテーションが届きました。

こちらはさすがに年会費が有料でした。通常3万円のところを、インビテーションで申し込むと2万円になるというのです。

でも私は、「年会費を払ってプラチナカードなんて、カッコつけたいだけじゃない…」とまったく相手にしませんでした。

 

が、プラチナカード会員は海外旅行傷害保険が家族の分までカバーされるという文言に目が釘付けになりました。

更に、有料の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが無料で手に入ることも魅力でした。(※プライオリティ・パスについては⇒後述

 

それでも年会費2万円はもったいないなという気持ちがありました。

そこで、エポスのプラチナカードを作った方がいいかどうか調べてみると、「プラチナカードグルメクーポンを使えば年会費の元が取れる」ということを書いてあるサイトが多くみつかりました。

 

それはどういうものかというと、全国の高級レストランのコース料理が会員分だけ無料になるというクーポンです。

1万円前後からの設定なので、2回利用したら年会費の元が取れることになります。

 

ただ、二人以上で利用しないといけないので、どうしても一人分の支払いは発生します。それでも付き合ってくれる人がいれば良いですが、私はそんな人は思いあたりませんでした。

まあ二人で割り勘にすれば半額でコース料理がたべられると思い、1度利用してみたら、たしかに高級でリッチな気分になれました。

 

でも、もともとそういうお店に行く必要のない私にとっては意味がないので、2年目にはプラチナカードからゴールドカードにランクダウンしようかなと思っていました。

ところが、1年経過してみたら、年間2万円以上の価値を感じられたので、やめることなく今も続けています。

 

プライオリティ・パスで空港のラウンジ利用

私がプラチナカードをやめなかった理由は、さっき書いた家族分の海外旅行保険の他に、空港のラウンジがあります。これが思いのほか良かったのです!

 

たとえば、ゴールドカードで入れるカードメンバー用のラウンジは、食べ物は無く、アルコールは有料ですが、プライオリティ・パスで入れるラウンジは食べ物も食べ放題!です。

 

しかもその年会費(米ドルで399ドル)が永久にタダなのです。

 

ご存知かとは思いますが、空港のレストランは高いので、食事と飲み物代で一人1,500円くらいは平気でかかってしまいます。

しかも空港によっては出国手続き後のお店が少なくて混むこともよくあります。

 

前にこんなことがありました。

出国手続き前にはいっぱいリーズナブルなレストランがあったのですが、荷物チェックで時間がかかって焦りたくなかったので、出国手続きをしてからご飯を食べようということになりました。

ところがいったん中に入ったら、お店があまり無くて、しかも混んでいました。

席を確保するのに苦労してやっと座ったカウンター席では、隣のグループの女の人たちにぎゅうぎゅうに席を詰められて、小さくなって食べました。

 

プライオリティ・パスで入れるラウンジでは、同伴者は1人につき約3,000円とられるのですが、比べ物にならないくらいゆっくり落ち着けます。

会員分はタダなので、二人分の食事代が3,000円を超えると思えばこっちの方が断然お得です。

うちの場合はカコが食事の他にもクッキーやクラッカーなどを食べられるし、飲み物も好きなだけ飲ませてあげられるので、ラウンジの方が得になります。

 

ただ、周りは静かなので小さいお子さんの場合はちょっと厳しいかもしれません。気を遣ってしまうと思います。

 

エポスのプラチナカードがいい理由まとめ

もし、プラチナカードをステータスとして持ちたいという方は、エポスカードはやめた方が良いと思います。

上記で私がエポスのプラチナカードを持てた理由を書きましたが、ただ使っていればグレードアップすることは結構知られているので、全然カッコつけられないからです。

エポスのプラチナカードはどうやら、プラチナカード群の中では、「頑張っちゃってる感」が出てしまうようです。

ただ、内容的に「家族の海外保険がつく」「空港の有料ラウンジが使える」と十分満足なものだったので、ダウングレードすることなく続けています。

 

あと、プラチナカードになったら、カスタマーセンターの対応が前より良くなった気がします。これは確かめようがないのですが、聞いたことがあるし、私も感じたことです。

電話の問い合わせはプラチナ専用デスク(番号はカードの裏に書かれてます)があるのでつながりが早いし、ちょっといつもと違う使い方をするとすぐに確認の電話がかかって来ます。

確認の電話はたぶん一般カードでもあるでしょうけれど、特によくチェックしてくれているような気がしました。(思い込みかもしれませんが)

 

あと、プラチナ会員には、コンシェルジュサービスという24時間対応のサービスがあります。

自分で探すのが面倒くさい予約や、急に探さなければいけなくなったものなど、深夜や早朝を気にせず依頼できます。

こちらはまだ利用したことがないので近々使ってみたいと思いますが、もうすぐ誕生月なので、全部エポスにしてポイントをためたいと思ってます。

EPOSカード
 

タイトルとURLをコピーしました