やっと手に入るコンドミニアム でも修繕個所がたくさん!

2018年中にできあがるはずだったフィリピンのコンドミニアム。わが家が投資用に購入した物件の引き渡し連絡が来たのは去年の年末のこと。本当は自分たちが住んでもいいな~なんて思っていたのに、これじゃ間に合わないよ。ってことで、ここは賃貸に出すことが必然的に決定事項となりました。

引き渡しはフィリピンに行って、修繕個所が無いかのチェックに立ち会わなければならないのですが、当然ながらすぐに渡航する手配なんかできません。そこで業者さんにすべてお願いしました。

スポンサーリンク

フィリピンの新築コンドミニアムは修繕が当たり前

フィリピンの不動産は引き渡し時に問題が無いことはまずないと聞いていましたが、本当にそうだった!なんと9箇所もの修繕個所をレポートしてくれました。

床のキズ、キャビネットのずれなど、自分たちじゃ気づけなかっただろうなと思うような細かい部分までしっかりチェックしていただきました。良かった。。。

直し終わったらまた行ってチェックしてくれるとのこと。まったくわからずに購入してしまった海外不動産だけれど、なんとか引き渡しまでこぎつけました。約4年がかりか…。

わが家の場合は完成前に購入するプレビルド物件だったので、まずはできあがるまで時間がかかりました。だからすでに出来上がっている物件だったらもっと早く家賃を回収できますよね。この辺の不動産事情は、フィリピンに移住したらじっくり研究して来たいと思います。

今後は引き渡し&修繕のチェック終了後に、内装をやってもらいます。

投資用ならデザイナーさんに入ってもらわないと借り手がつかないとのこと。自分たちで住むなら高級家具や高性能家電もいらないので、グンと安く済むのですが、デザイナーさんに頼むと120万円~250万円くらいはかかります。

ここのところ悩んだんですよね。私たちは3年間フィリピンに住む予定なので、年々上がっていくマニラの家賃事情を考えると、自分たち所有のコンドに住んだ方がいいのでは?と。

でも3年経過後に手放さず賃貸に出すなら、その時にまた内装費がかかってしまいます。ならば最初からデザイナーさんにお願いするか?

長く考えた末、やっぱり投資用として賃貸に出すことにしました。自分たちは別の賃貸を探すことにしたのです。

フロアが高層階なので毎朝なかなか来ないエレベーターを待つ生活は現実的には考えられないこと、少しでも安い賃貸に自分たちが住めば、多少のプラス分をペソで生活費にあてられること、などから決めました。

フィリピンの場合、ペソを国外へ持ち出す規制が厳しいと聞いてます。なのでそのプラス分を生活費で消費してしまえば、国内にいる夫が稼いだお金は他の投資に回せますもんね。

さてさて、修繕にはどれくらいの時間がかかるかな?おってここに追記しますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました