親の目から見た小中一貫校

娘のカコは公立の小中一貫校にかよっています。周りはみんなそうなのでそれが当たり前となっていました。

ところが先日、知り合いと話していた時に「え?公立なのに小学校と中学校が一緒なの?」と驚かれました。まだ全国的には珍しい方なんでしょうか?

調べてみたら北海道九州には多くありました。東京では港区品川区三鷹市八王子市などに多くあるようです。

2016年の学校教育法の改正で、義務教育学校というくくりに変わった学校もありました。

そういう細かい分類とか、一貫校の目的などの難しい話は文科省などのサイトを見て頂くとして、せっかくなので実際に通っている子どもの保護者の目で、思うことなど書いてみようと思います。

スポンサーリンク

公立小中一貫校がほかの学校と違うと感じる点

これから書くことはあくまでもカコの学校の話なので、全国の小中一貫校がそうとは限らないことはどうぞご承知おきください。

 

中学生がいる

当たり前ですが同じ校舎に中学生がいます。ちなみに中学生は7年生、8年生、9年生という呼ばれ方です。

運動会などの行事は1年生から4年生まで(前期課程)と、5年生から9年生(後期課程)までとに分かれて行われます。

運動会だけじゃなく、普段の授業でも学年を超えた縦割り活動があります。他の学校でも縦割り活動はあるでしょうが、中学生と交われることはなかなか無いんじゃないでしょうか。

下の学年は上を見て自立心が高まり、上の学年は下の子の面倒を見ることで責任感が増すように感じます。

ただし良い点ばかりじゃなく、放課後は校庭を使える時間が限られます。学童保育(いまはアフタースクールと呼ぶのかな?)の子たちは、中学生の部活に校庭をとられてしまうのです。

 

中間・期末試験がある

中学生と同じように、学期ごとに中間・期末試験があります。本人は嫌がってますが、試験勉強をする習慣がつくのは親にとってはありがたいことです。

カコの学校では(先生に聞けば)順位まで教えてくれます。やる気をなくしそうですが、意外にそれでやる気を起こす子もいて、モチベーションアップにつながっているようです。

小学生ではそんなに差が出ないのが普通でしょうから、これに関しては賛否両論かもしれませんね。

 

生徒の人数が多い

小中一貫校だと必然的に児童の数が多くなります。そのため、校長先生は一人ですが、副校長先生が複数います。前期課程担当と後期課程担当、総合的な担当者です。

中学にそのまま進めるために小学校の人気が高く、周辺の小学校より人数が毎年多くなりがちです。

中学は区域が広く決められているので、自宅からずいぶん離れてしまうことがよくあります。その関係もあって、小中一貫校の方が近い(あるいは駅から近いので電車通学)と選ぶ家庭が多いことも理由の一つです。

 

人数が多いことのメリットの一つは、積極的になることじゃないかと思います。

他の学校はわかりませんが、カコの学校はみんなよく積極的に手を挙げて発言します。それはいろいろな子がいるから、恥ずかしいとか感じる暇が無いからじゃないかなと思います。少ないと周りの目が気になりやすいですもんね。(ごめんなさい、これに関しては個人的な憶測です。本当の理由はわかりません)

 

制服がある

私は東京都しか知らないのですが、公立の小学校は私服が多いんじゃないかと思います。小中一貫校は中学生もいるので、小学生も制服です。

小学校の間は身長がメキメキ伸びるのに制服買うなんてもったいなくない?と最初思いましたが、そこはさすが公立だけあって、PTAが主催するリサイクルの会があります。知り合いがいなくてお下がりをもらえない人でも、うまくあうサイズがあればタダでもらえます。

うちも毎年利用させてもらってます。新品を買ったら5,000円以上はかかるので、大助かりです。

その代わりに着れなくなったらうちもリサイクル会に戻すようにしています。クリーニング代はかかるけれど、それくらいはお礼として安いもんです。

 

PTAの係は小学生も中学生も一緒

PTAの役員決めはどこでも揉めるものですよね。カコの学校の役員決めも他の学校と変わりないですが、クラスごとの委員が集まる会議は、小中一緒にやります。つまり、9学年分です。

年齢差が大きいので、「え~大丈夫かなあ?」と思いましたが、実際は上下関係なく、誰もが一保護者(いちほごしゃ)として対等にこなせました。

塾や受験の話なども聞けたので、私は嫌じゃありませんでしたよ。

ただ持ち回りに関しては、小学校期間で一回、中学校期間で一回、の2回を必ずやらなきゃいけないので、小学校でやったからもう大丈夫…とはなりません。

もっとも、中学はクラスも人数も多いので、たぶん全員に一回ずつは回らないんじゃないかな?と思いますけどね。

それにしてもPTA決めはどこの学校でも大変ですよね。

 

小中一貫校ならではの問題

小中一貫校のデメリットというほどではないのですが、ありがちだなあと思うちょっとした問題はあります。

それは、中学生が小学生だから仕方ないよねという目で見てくれないことです。

小学生は5年生になると中学生と一緒に部活動に参加できることになっています。

でも中学生にしてみればハッキリ言っておまけ、お荷物になるのは当然なことです。

部活に熱心さや自覚が芽生える中学生とは違い、小学生はどうしてもお遊びの延長となってしまいます。

その辺の温度差はつねづね感じます。たとえば遊びに行くから休むとか、帰りが遅くなるから早退するということは、中学生では許されない雰囲気があります。

私は小学生だから良いんじゃないかと思うのですが、「先輩に見つかると何か言われる」と気にする子が多いようです。そういう厳しい雰囲気がイヤでやめてしまう子もいます。

先生が小学生はおまけみたいなもんだから、という概念を広めてくれればいいのですが、そこまで先生に求めようとは思っていません。

うちは春には卒業してしまうので、穏便に過ごした方がいいですからね。きっとそうやってみんな変えられずに卒業していくんだろうな。

 

ざっと思いつくことを書いてみましたが、参考になったでしょうか?

読んでいただいたように、他の小学校と大きく違うのは5年生と6年生です。スケジュール的に大変になりますが、いろいろな刺激が多く、生き生きと成長していく様子が目に見えてわかります。

反対に、のんびりタイプで静かにしているのが好きなマイペースさんにはちょっときついかもしれません。

ほかにもお子さんを小中一貫校に通わせている方がいらっしゃったら、ぜひコメント欄より教えて下さい<m(__)m>

 

 

出すぎも出なすぎもちょっと困る

こども同士で約束してくる場合、待ち合わせがうまくいかなくて困ることがあります。そんな時、私は親どうしでこっそり連絡を取り合っています。

「お母さんが連絡しておくから大丈夫よ」ではなく、基本はこども同士で連絡させます。

だけど遠くに出かける場合や行き違って待ち合わせができない時もありますよね。なので事前に一応連絡しあっておくのです。

親が出ることないんじゃない?という意見もありますが、すべてこども任せだと「どういう人なの?あの子の親」と不安(不満)に思う人がいるのも事実。よろしくお願いしますの意味もこめて連絡しておくのはいかがでしょう?仲良くなるにはまずは心を開くことですもんね(^_-)☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました