英語での問い合わせが怖くなくなって来た

フィリピンに移住する前に、日本でフィリピンの銀行口座を開きたいなと思い、いろいろ調べていました。

田町にあるPNB(フィリピンナショナルバンク)で作れるという情報を見つけ、そこにしようかと思ったのですが、Tさんからの情報により、やっぱりPNBはやめました。(これについてはまた改めて記事を書きますね)

 

移住してから開くのが簡単とわかったのですが、フィリピン株を今年中に買いたかったこともあり、ダメ元でBPI(バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ)の日本支店に問い合わせてみることにしました。

 

英語での問い合わせなんて、片言の英語スピーカーである私にはとてもハードルが高いこと。

以前の私なら絶対ムリ!と諦めたところですが、今はわからないことがあると英語でも果敢にチャレンジしています。なんで勇気を出せるようになったかというと、シンプルに”慣れ”ですね。

まず、私には宛名の書き方がわからないし、書き出しもまったくわかりませんでした。

ずいぶん昔に覚えたビジネスレターはあくまでも手紙。メールにそんな仰々しい書き方はきっとしないはず。となると検索しながら書かなきゃならないから面倒でやる気が起きませんでした。

 

そんな私でしたが、夏にフィリピンにビザを取りに行った時、サポート業者の方と英語でやり取りをしなければなりませんでした。

日本語もわかる方だったので甘く考えていたのですが、生活する中で起きるちょっとしたトラブルの連絡が必要で、ショートメールが届くようになりました。

 

「え、え?待って。わからない…」(心の叫び)

 

 

わからない単語があれば調べればいいやと軽く考えていたのですが、実際はパニくりました(^^;

何しろトラブルの内容がネットの接続不具合だったので、調べたくても調べられない時がしばしばあったのです。

 

半分やけになり思いついたことは、相手の言葉を真似すればいいじゃん!ということ。

たとえば、私が書くとしたら、

”Hi, Mary, this is Tsurara.”

みたいな感じでしたが、相手から来たメッセージが

”Hi, Ms. Tshurara.”

となっていたので、「お~そうか。Ms.(ミズ)を使うんだな。」と覚えました。そこで、返信には私もMs.をつけました。(Ms.は既婚・独身問わずに使える)

 

 

こういうのは国によって習慣が若干違うでしょう。たとえば挨拶一つとっても、イギリスではアメリカ英語はちょっと失礼に感じたり。よくわからないけど。

だから、相手が使う言葉を真似したら一番早いですよね。

 

そんなやり取りを何回かしたら、メールに関しては間違いも怖くなくなりました。

 

そうですよね、私たちだって、もし外国人が日本語を間違えてても「それは違います。すぐに直してほしい」なんて思わないですもんね。内容をくみ取って会話を進めます。

そう考えて、とにかく単語を並べて伝わることを目的にしました。

 

結構がんばって会話した↓

(エアコンが壊れてオーナーさんが来て扇風機を貸してくれたと伝えたかった)

 

それ以来、ネットでの問い合わせも臆せず「ちょっと質問してみようかな」とすぐに行動できるようになりました。

 

 

ちなみにBPIへの問い合わせにはこうやって書きました。(間違いは見逃してください)

 

To Whom It May Concern:

I am writing to get some information about your services.

I am a Japanese and I am living in Tokyo now. I would like to open a personal account in Makati Branch. Could you please tell me wheter I can open it or not in your office (Japanese office)?

Yours sincerely,

Tsurara

 

「日本支店で口座を開けますか?」と聞きたかったのですが、「(口座開設を)取り扱っていますか?」をどう言うのかわかりませんでした。

 

そうしたらこうやって返信が返ってきました。割とすぐでしたよ。

 

Dear Tsurara,

You need to personally visit Makati branch. Our rep office in Tokyo does not handle or facilitate account opening as it is not allowed to do si by Japanese authorities.

Arigatou gozaimasu/Kamsahamnida/Xie xie!

Regards,

担当者名

 

私は、”operate”を使うのかな?と思っていたのですが、”handle” や ”facilitate” が使われていますね。

また、Japanese authorities(当局)に許されていないと書かれています。つまり、金融庁かなんか知らないけど、許可がないということなんでしょうね。

“si” ってなんでしょうね?ただの間違いかな?私も”whether” の “h” が抜けちゃってたし。

 

最後の ”Arigatou gozaimasu” いいですね。だから私も、了解しましたという返信の最後に、 ”Arigatou gozaimasu” を入れました。

 

 

情報は調べたり聞いたりできるけれど、自分でも問い合わせてみると学びが多いので、慣れるためにも続けようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました