必要なものはすべてそろっている

明日から大型連休に入る人も多いですね。そういう意味では今日は4月の最終日。皆さんお仕事お疲れ様です。

このブログを始めたのが2月1日。そこから毎日記事を書いて、3ヶ月が無事に過ぎました。

続ける事ができたという達成感、健康でいられたことの有難さ、そして海外移住へ歩を進められたことに心から感謝しています。

昨日、『バシャール』の本を読みました。

知っている人も多いかと思いますが、宇宙との交信役を担っているダリル・アンカさんへのインタビューと言いう形で書かれている本がたくさん出ています。

私が読んだのはそのうちの1冊、「BASHAR2017」(世界は見えた通りではない)というものです。

 

喜多見龍一さんという方がインタビュアーとして進める会話形式の文なのですが、まあ最初は難しくて頭が痛くなりました。哲学書みたいな感じで、私の頭ではついて行くのが大変でした。

でも、1日目、2日目と進む中で前日の復習をしてくれるので、なんとか最後まで読み進めることができました。

分からないながらに理解したのは、2016年から世界が大きく変わったこと、結果をまったく期待せずにワクワクすることを最大限の力でやる時代になったことです。

たしかにこの2~3年、「好きな事をやって生きましょう」と言う人たちが続々と表れています。ブログ、SNS、その他には、コーチと称する人やスピリチュアル系の人などであふれているように思えます。

 

結果をまったく期待せずに、ワクワクすることを、最大限の力でやるというのは、たとえば「絵を描くのが好きだけど、お金にならないしなあ」とか「ミュージシャンになりたいけど売れるのなんて一握りだしなあ」と考えずに、好きなことをトコトンやるということです。

 

その前提には、この宇宙には必要なものはすべて揃っているという考えがあります。お金も資源も住む環境も、不足しているものは無いという前提です。

急には信じられないですが、きっとこれは本当なんだとわかる何かがあって、実感する時が近いうちに来るのでしょう。(本の中ではフリーエネルギーについて触れています)

細かいことを知りたい方は本を読んでみて下さい。(難しいけど)

 

前に、本田健さんがインタビューした「未来はえらべる」を読んだことがあるのですが、そっちの方がずっと読みやすかったです↓


ただ、今回の本はこれよりずっと新しいので、今から先の世界について多く書かれています↓

 

私も、この先自分の好きな事をやって生きて行きたいとずっと思っていたのですが、経済的な問題がネックになっていました。

この本を読んで、金銭面の不安をとりあえず捨てて好きな事に没頭してみようか、と思っています。

そう、このブログを育てて親子での海外移住を果たすことです。

 

明日からの連休では引っ越しをします。

なので少しの間、記事の投稿をお休みさせて頂きます。

次はお互いパワーアップしてお目にかかりましょう!

タイトルとURLをコピーしました