『思考は現実になる』実験スタート!

「心配性母のブログ」のタイトルどおり、私はすぐに心配な事を考えてしまう癖があります。海外へ移住しようと決めてからたくさんの行動を起こしてきましたが、その都度不安と心配にさいなまされています。

心配性な父の元で育った、先に頭で考える癖がある、など理由はいろいろありますが、このごろそれがひどくなったのは、怖いニュースばかり目にするようになったからです。

ひき逃げ事件、暴行事件、転落事件なんかは一番私の怖いツボをつかれます。

毎日ドキドキするようになってしまうのはイヤなので、そんな時はポジティブ系の本を読むようにしています。

 

今回は前に読んだことのある『こうして思考は現実になる2』。『こうして思考は現実になる』の続編です。

一度読んだ本でもすぐに忘れてしまうので、久しぶりに読んだこの本は、初めて読んだような気分で楽しめています。

 

「信じられない」という人や「私もそうなりたい」という人のために簡単にできる実験があるので、それをやってみることにしました。頭の中で意識を向けたものが目の前に現れるという実験です。(シンクロニシティ―)

前回もやったはずなのにはっきり覚えていないので、今回はブログに書いておこうと思いました。翌日さっそくおもしろい結果が出て来たもんで…(^^

本に書かれていた実験は、次の8つを72時間以内に発見すること、でした。

 

1.腹を抱えて笑う

2.子供の頃に遊んだおもちゃ

3.高校時代に大好きだった曲

4.222という数字

5.ビーチボール

6.おしゃれな帽子をかぶった老人

7.赤ちゃんの笑顔

8.自分あてのメッセージが書かれた広告

 

結果が出て来た順番に書いていきます。

 

スポンサーリンク

おしゃれな帽子をかぶった老人

実験の内容を目に焼きつけた後、ベッドに入った私は考えました。

「腹を抱えて笑う」はすぐに実現できそうだなあ。

「222」はきっと眠れなくて気がついたら2時22分になってるんだろうか。

 

寝ようとしたのが11時半だったので、3時間も眠れないのは嫌だなと思い、考え事をやめて眠ることにしました。

ところがその日は起きたのが9時過ぎとたっぷり寝ていたので、なかなか眠れません。仕方なくYahoo!ニュースを見ると、そこには帽子をかぶった草刈正雄さんがいました。

 

うーん、これはどうなんだろう?草刈正雄さんは公称66歳。老人と言っちゃっていいのかなあと迷いましたが、しっかり「おじいちゃん」と書いてあるからクリア!としました。

 

自分あてのメッセージが書かれた広告

これはすぐに見つかりそうだなと思いました。なぜなら、普段から割りとメッセージと思われる広告が目に入るからです。

次の日の朝、目が覚めてスマホを見ると8時11分でした。実験とは関係ないけれど、パッと見た時間の意味を調べるのは好きでよくやっているのです。

リリーのエンジェルナンバーというサイトは悪いことは書かれていないので、気楽に見るのにちょうどいいです。

そこにはこんなことが書かれていました。

 

“あなたのポジティブな見通しは、創造的なアイディアや行動と相まって、思いもよらない経済的な贈り物をもたらします”

 

嬉しいじゃないですか。こういう風に気持ちを上げてくれる言葉は気分が良いもんですね。私も子供にそういう言葉を言えるようにならなきゃ。

そう思いながらスクロールしていくと…

 

思わず笑ったw

本のタイトルまんまじゃないですか。広告ではないけど、これはクリアで良いんじゃない?

ということで、8番の実験の答えはこれ。

 

子供の頃に遊んだおもちゃ

2つ達成したところで、次がパッタリ見つからなくなって来ました。

外に出かけたら赤ちゃんはいるだろうし、大好きなリゾート動画を見てたらビーチボールは簡単に見つかりそうでしたが、あえてしませんでした。情報が少ない所に身を置きながらも見つけることができれば、それだけ信ぴょう性が高いじゃないですか。

そう思ったものの、目に入る情報が家の中のいつもと変わらないものばかりで、シンクロニシティ―を感じられそうにはありません。

 

夜になってちびまるこちゃんを見ていたらこんな画が出て来ましたが…

 

たしかに風船ではよく遊んだけどさ~「これこれ!」とピンと来るようなものではありません。腑に落ちないまま1日目は終わりました。

 

実験開始直後は楽しくて仕方なかったのに、時間がたつにつれてワクワク感が冷めて来て、「まあ全部みつかるわけないよねえ…」と現実に戻って行くのがいけないんでしょうね。

1日目の流れだけでもわかるように、熱意が高い時は引き寄せ力が大きく働き、冷めて来るにしたがってパワーが消えて行く気がします。

最後の風船なんてまさに、「え~そうかあ?」というようなショボさですもんね。

 

こうやって実験がうまく行かなくなると「やっぱりダメじゃん」と否定したくなってしまう自分がいるのですが、あきらめずに3日目まで続けてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました