視界にゴミが見えるので眼科で検査

近くが見えないとか、それはもう当然なんですけど、私がおちいっているのが飛蚊症(ひぶんしょう)です。1年くらい前から視界にゴミのようなものが見えるのです。

 

飛蚊症については、参天製薬のサイトにこのように書いてあります。

飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。症状が出る年齢もさまざまで、20代から症状を自覚する人もいます。

 

スポンサーリンク

飛蚊症に気づいた経緯

ある日窓から外を見てたら、痛くはないのに視界にゴミが見えました。

「あ、なんか目に入ってる」と思って目をこすったのですが、ゴミは取れません。鏡で眼の中を見ても何も入っておらず、その後忘れていました。だって常にゴミが見えるわけじゃないのです。明るい外を見た時とかに見えやすいのです。

 

同じようにパソコンべったりの仕事をしていた友達にその話をすると、

「それ、飛蚊症(ひぶんしょう)って言うんだよ」

と教えてくれました。彼女も同じ症状で、病院でそう言われたそうです。

 

飛蚊症じゃない人に飛蚊症の説明をするのは難しいです。どんなふうに何が見えるのか?直接見せることができないですから。

私の場合で言うと、ちょうど傘の模様がよく似ていたので撮影しました。

 

これは折り畳み傘ですが、この模様をボーっと遠目に眺めると細胞のような形に見えませんか?DNAとかそんな感じです。

 

拡大するとこんな模様です↓

 

もっと線が細くてグネグネ曲がってる小さいものが、視界のすみっこに上から降りて来て、瞬きするとまた上に戻って降りて来るのです。

人によって見える形はいろいろのようですね。髪の毛やほこりみたいなものが見える人や、虫のようなものが見える人とか。私は虫じゃなくて良かった~と心からほっとしてます。

 

飛蚊症は歳をとると出やすくて、ある程度仕方ないそうです。そう聞いていたので特に何もすることなく、最近は模様も見えなくなったので放っておきました。
でもこれを書くために調べてみたら、早めに受診した方がいい症状としてこんなことが書かれていました。

・黒い点の量や範囲が急に増えた
・暗い場所で突然稲妻のような光が見える
・急に視力が低下した
・視野の一部分が欠けている

 

これを読んだらドキッとしました。前に目をつぶっていた時にフラッシュのような閃光が走ったことがあるのです!

その時は何かのひらめきか…なんてのん気に喜んでいたのですが、それどころじゃなかったか。

 

飛蚊症自体は「症」とついているものの病気ではありません。問題があったり治療するようなものではないそうです。

 

ただ、さっき書いた「急に増えた」などの症状が出て来た場合には、網膜裂孔(もうまくれっこう)や網膜剥離(もうまくはくり)につながる可能性もあるため、早めに受診した方が良いのです。

 

眼科で調べてもらったら

目の病気はほかにも白内障や緑内障が有名ですよね。眼科で検査をしてもらうなら、時間をたっぷりとっておいた方がいいですよ。

検査をするために瞳孔を開く目薬をするのですが、その効き目が出るまでに15分~20分かかるのです。なので待ち時間を除いて1時間は見ておいた方が安心です。

まずは視力の検査をしてもらい、裸眼で眼を見てもらいました。その後検査をするかどうか聞かれ、して欲しいというと、目薬をさしてから待合室で待たされました。

 

目薬は「ちょっとしみますよ」と言われましたが、全然大丈夫でした。待っている間にだんだん視界がぼやけて来て、看護師さんが横からライトを当て瞳孔の開き具合をチェックした後、検査に入りました。

怖かったけれど検査はただまぶしいだけでした。ライトを当てられ、片目ずつ先生の言う通りに視線を動かしていくだけです。

 

見てもらった結果は特に問題なし。安心しました。

眼球の写真を見せてもらったら、白目の部分に細かいほこりのようなものがありましたが、それは先天的な白内障だそうで、特に何かしなきゃいけないものではないそうです。言われると気になりますが、先生が問題ないと言うのだから気にしないようにします。

 

支払いが終わった後、受付で「今日はかなり外は日が照っているのでお気をつけてお帰りください」と言われました。外へ出たらその言葉に納得。ものすごい眩しい感じで目を開けるのが大変なのです。

自覚としてはまぶしい!という感覚はないのですが、すごく眩しがっている人みたいに、まぶたがパチパチしてしまいます。

あまりにも目が開かないので、本当は天気が良いから15分ほど離れた駅まで歩きたかったんですが、断念しました。一番外を歩く距離が短いルートを選んで帰りました。

日陰や屋内ならあまり問題ないのですが、日の光がめちゃくちゃ辛い。これが数時間続きます。だから運転はもちろんダメだし、自転車も乗らない方がいいです。小さい文字もぼやけてスマホが読めませんでした(これはいつもか…老眼w)。

 

人間50年も生きてりゃいろいろガタが来ますよね。海外に行くと決めたことで、普段なら後回しにしてしまう検査を思い切っていろいろ受けることができました。大腸カメラ、胃カメラ、子宮、乳がん、膀胱、歯、眼。心配なところをなくして旅立ちたいです。なにかあったらやっぱり、日本の病院で治療を受けたいですから。

今日はまだ目がぼんやりしているので、この後おとなしく過ごすことにします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました