イライラしちゃダメ

海外不動産のやり取りをしていると、返事がなかなか来なくてイライラしてしまいます。

メールを読んだのか読んでないのかもわからず数週間たつので、夫はLINEでやり取りをしています(もちろん既読はついても返事はなかなか来ませんが)。

知りたいことがある時や、書類準備の締め切りがある時など、こっちは前もって予定を立てたいのですが、待っていてもいつまでも返事が来ないからしびれを切らしてしまいます。

 

そんな中、以前海外不動産セミナーで知った業者からのメルマガに、「おっ?」と思うことが書かれていました。

 

スポンサーリンク

忍耐強く待てない人は海外には向かない

当たり前と言えば当たり前なのですが、つい忘れて日本の常識をふりかざしてしまうことがよくあります。

返事がすぐに返って来ないと嘆くこともそうですよね。

 

いや、私もそんな1日や2日で返してほしいとは思っていません。そりゃその方が有難いけど、海外だから時間かかるだろうとは思っていました。ただ…その期間が想像を超えた遅さだっただけで(T_T)

 

話が戻りますが、メルマガに書かれていたのはビザの話でした。取得までにかかる時間が2年がかり(?)になってしまったらしいのです。

詳しいことはよくわかりませんが、自分の経験から想像するに、フィリピンではいろいろな事がよく変更に(しかも事前告知なく)なるので、そういう事情かなと思います。

「諸事情により」と濁して書いてありましたが、たぶんそういうフィリピン政府側の事情なんじゃないかと想像しています。

そして、きっと誰か文句言ったんでしょうね。「誰とは言いませんが、待てない人は海外には向かない」という内容のことが書かれていました。

 

よっぽど頭に来ちゃったのかな、この書き方(^^;

私も自分の頼んだ業者さん(メルマガの業者ではない)の手違いに何度か文句言っちゃったけど、これを読んだら「ご、ごめんなさい…」と思いました。

 

頭ではわかっているつもりだったけど、日本の丁寧さに慣れてしまって、ミスのない完璧な手続きが当たり前と思ってると、イライラしてしまうんですね。

これって、子育てにも通じると思いました。自分(親)だって失敗するのに、子供の失敗にきつく対応してしまうことがよくあります。

ああ、ダメだな。移住する間に鍛えられて、温厚になって帰って来れるといいな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました