投資の中でもFXを選んだワケ

海外に滞在中、なんの収入も無いのは不安です。ご主人の稼ぎが有り余っている人は別として、お金は使えば減っていくのが普通だから、海外滞在中もなんらかの収入を得る手段を持ちたいものです。

 

海外に住んでいる人がやっている事と言えば、主にアフィリエイトと投資じゃないかなと思います。

個人輸入などもありますが、個人が始めるにしてはハードルが高い気がします。

 

アフィリエイトと投資とどっちがいいだろう?と考えた私は、アフィリエイト作業に費やす時間を、徐々に投資に切り替えています。なぜなら、アフィリエイトプログラムがいつまで残るか疑問だからです。

既に若い人たちはSNSから情報を得て物を買っていますよね。『検索』して買う時代は終わるのではないかと危機感を持っているのです。

 

 

じゃあ投資を…といってもいろいろな投資がありますね。

株(現物取引、信用取引)、投資信託、債券、金、仮想通貨、FX…

 

その中で私がもっとも力を入れて取り組んでいるのはFXなのですが、なぜFXか?ということを今日はお話したいと思います。

 

※なんであんた偉そうに話してるの?と思われた方に言い訳を。これでも私、投資歴は長く、お金の知識も勉強して資格を持っています。

 

まずは株の売買が海外ではできない可能性が高いこともあります。ただそれ以上に、株にはそれぞれの国の特異性が出てしまいます。

たとえば、日本の政治で問題が起きたから日本株が下がるとか、季節的な影響も日本特有かも。季節が常に同じ国にはあり得ないですもんね。

 

 

それに比べてFXは、通貨と通貨の取引であること、長い歴史があることで、値動きが(国に関係なく)法則性を保っているのです。

 

 

すみません、ちょっと言葉足らずでした。「こうなったらこう」というような法則性に従って動くのは、ドル円やユーロドル、その他取引が多くされている通貨どうしの場合です。

みんながあまりやってないようなランドドルなどには通じません。

 

ほら、去年仮想通貨がバブルになって、その後急落しましたよね。

あれは、コインチェックの不正流出が直接の原因ではありますが、ただのきっかけになっただけで、急落するタイミングを待っていたとも言えます。

仮想通貨は歴史が浅い取引なので、大きく値段を上げ下げしてしまうだけでなく、法則性が働かないのです。

だからFXなどで大きな利益を得ている人たちも、仮想通貨取引は難しいと言っています。

「こういう状況になったらこう動く」という思惑どおりに動いてくれないので、振り回されてしまうんですね。

 

一方、FXには皆が同じように認識している法則がいくつも存在している。だから練習を積めば、日本にいても海外へ行っても同じように取引できると考えたのです。(海外でやるには海外の業者で口座を開く必要があります)

 

ところで、このFXの法則性を勉強するために、ちまたにあふれているFX塾とかFXメルマガに登録するわけですが、まったくさっぱり、どの人が良いのかわからなくないですか?

 

私も散々調べたのですが、1つハズレ、2つハズレ…。

この頃は自分流に、利益を得られる方法を模索しています。

いい事を思いついたら、少しずつご紹介していきますね。

タイトルとURLをコピーしました