冬服よさようなら

今年の春は暖かくなったり寒くなったり忙しい。体調管理が大変な上、加えて娘のカコはどうやら花粉症デビューらしいです。

私は小さい頃から鼻が悪かったので、カコは似ないで良かったなと思っていたのに、ガッカリしました。

私は小学校の時、クラスのみんなが鼻で息できるのがうらやましかったし、宇宙人来ないかなとさえ思っていました。

ある日宇宙人にさらわれて、気が付いたら鼻を治されて戻って来たという状態に憧れていたのです。

ただ、一年中鼻が悪いせいか、花粉の時期だからって特に困ることは無くて済んでいます。不幸中の幸いってこういうことなのかな。

鼻で思い出したのは、妊娠中に鼻詰まりがひどくなって、寝ていても苦しくて起きてしまうほどでした。妊娠すると弱い箇所がひどくなるのでしょうか?

結局そのまましのいでしまいましたが、苦しい人は病院で相談すると何らかの対処法を教えてくれるから、我慢しないで相談した方がいいと思います。

 

ところで本題の冬服の話。

そろそろ冬服をしまおうかなと思った時、ふと考えました。

「そうだ!フィリピンに行ったら冬服いらないじゃん」

やっぱり海外移住は早くから考えておくと都合がいい。まだあと2年は日本にいるけれど、今年は冬服を買わずに済みました。どうせいらなくなるからね。

 

Tシャツや短パンで過ごせるっていいな。窮屈なブーツや細身のコートも要らなくなっていいな。そう考えると、暖かい国に移住することがまた一つ楽しみになりました。

もちろん、暖かい国なら暖かい国なりの問題はあります。マラリアの心配などは、ロシアじゃたぶん必要ないだろうし。

それでも良いところばかりに目を向けて、楽しみながら移住を実現したいと思っています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました