現実を知った方がいいか知らずに行く方がいいか?

心配性な私は、何でも調べて準備をしておきたいタチです。だからこのブログも始めたんだし、移住のずいぶん前から準備をして来ました。

最近は現地に住んでいる人のブログを探し、どんな生活なのかを見ています。

そしたら…

 

なんかこわくなって来た。

挙げたらきりがないことだけど、日本と違って予定通りに進まない物事、たくさんいる虫、食中毒、渋滞、マナーの悪い外国人(フィリピン以外の国からの移住者)。

ブログを読み進めるにつれてどんどん顔色が青くなって行きます(-_-)

 

たしかに、私たちが一か月滞在しただけでもいろいろありました。(⇒2018年8月の記事

小さな虫が何匹も部屋にいたし、洗濯機が無くて洗濯が大変だったり、カコが熱を出した時も何時間も病院から帰れなかったり。

最近でいうと、デング熱猛威!のニュース。「蚊にさされないように注意」って、どうやって刺されないようにするのよー。不安しかないじゃないですか。

 

そんな思いをしてまでなんで海外に住もうと思うのか、ときどき自分の判断が間違えていたんじゃないかと思うことがあります。

 

スポンサーリンク

何も知らずに移住する方がいいと思う自分

小さい時から先のことを考えてしまい、なんでも心配になる半生でした。だけどせっかくの人生をリラックスして楽しみたいという気持ちが常にあります。

 

事前にいろいろ心配し過ぎてもかえってそういう事態を引き寄せるんじゃないか?そう考えるとまた心配になります。たしかに、カンボジアに行った時、めったにしない車酔いしたのは気にし過ぎてたせいじゃないかと推察しています。(⇒カンボジア渡航前の過去記事

 

そんなわざわざ嫌なことを目にして暗くなるより、知らずに行ってしまう方が楽しくない?

そう思う自分もいますが、私の性格から言って、それはやっぱり無理をしている気がします。だからついついブログを読みあさってしまいます。

 

事前にわかった上で覚悟して行く方がいいと思う自分

海外移住を決意して動いている私ですが、夢のような海外生活を予想しているわけではありません。

そもそも原点に立ち返ると、便利すぎる日本、きちきちして窮屈な日本、マナー良い人が多い日本、にカコが慣れてしまうのに危機感を抱いていました。

私から見るとカコは真面目な性格。ルールを守らない人を見てイライラしてしまうような所があります。もっと柔軟に人を許す気持ちとか、ある程度のいい加減さを身に着けさせたいと思いました。

 

だから実際に住んでいる人のブログを読んで、予想通りストレスがたまるという記述を見つけても、かえって覚悟が決まっていいかもしれないと感じています。

 

というより、そう思おうとしています。

実際に自分もストレスを感じる時が必ずあるだろうけど、それは自然なことなんだなと腹が座りますもんね。結局は自分の性格にあらがわず、良い情報も悪い情報も頭に入れて旅立とうと思います。

 

 

今日は『気配りワンポイント』ではなく、雑談です。

私の行き先がフィリピンなせいか、男性ブログの中にはおねーちゃん系の話がよく出て来ます。お気に入りの子のチラ見せ写真とかおすすめのお店とか…。

需要があるから仕方ないんだけど、ちょっとおばさんには刺激が強いわ~~(‘Д’)💦

コメント

タイトルとURLをコピーしました