経済的に夫から自立したい

夫婦の財産は共有でありながら、女性に不利なように思います。

家を売った時の話。

 

私は結婚後に会社を辞め、しばらく専業主婦として育児に専念していました。だから持ち家は100%夫の名義でした。

フィリピンに行く準備でお金がたくさんいるので、家を売ったお金を充てたいと思ったけれど、そのためのお金を私名義の口座に移すと贈与税がかかることに気が付きました。

 

「いやいや、ただ移動するだけだし…」は通りません。

子供の付き添い=生活に必要な資金だから生活費、とするにも相当の理由がいる気がします。

調べればそれなりの方法がありそうでしたが、実際に行く私がビザを取るので、預託金の振り込みや支払いは私の名義の方が楽。面倒くさいので私の名義で進めることにしました。

 

結局、出産後に働いて貯めたお金と、結婚前のお金を清算して工面することにしましたが、めちゃくちゃ納得がいきませんでした。

夫は私がいなくてもそれだけの稼ぎがとれたの?家庭や子供を守って来た私の寄与度は考慮されないの?こんなことなら家を売る前に名義を半分私のものにしてもらえば良かった、と。

普通はこんな不満は持たないと思います。だって夫が亡くなったら財産は妻(と子)に入るのだし、万が一離婚となっても、その時点で半分こにできるから。

でも、我が家の場合、財産が家以外にはほとんどなく、夫が事業をやっているので負債も多いのです。離婚となって分けたわずかな財産なんて、あっという間に使ってしまうでしょう。ヘタに負債を背負ってしまっても困ります。

 

今は私のようなケースは少ないかもしれませんが、結婚や出産で会社を辞めた女性は、そこでいったんキャリアが途切れてしまいます。まして年をとってから転職など考えたら、いまさら誰が雇ってくれるというのでしょう?

そう考えたので、私は投資やアフィリで生きることにしたのです。年齢がウィークポイントにならず、日本にいなくてもできる仕事だからです。

まだ安定して収入を得られるまでにはなっていませんが、必ず経済的に夫から自立してやる!その気持ちだけは強いです。

 

やけくそな気持ちで言ってるだけじゃなく、お互いに自立しないと老後はどちらかに不満が出ると思うから。一生連れ添うか、お互いに別々に生きるかの選択は、フラットな関係の上で決めたいです。

 

経済にしろ、身の回りのことにしろ、自分の面倒を自分で見れないと、子供たちにも迷惑かけてしまうでしょう。

お金があれば老人施設の選択肢も増えるし、掃除を外注したっていい。そのためにも自分で収入を得る道を日々模索している私です。(関連記事⇒仕事の記事一覧

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました