インターネットの契約がわからない

少しでも海外の予算を増やしたくて、いろいろと節約を試み中!

それにしてもインターネットの契約は複雑で、いつもよくわかりません。

 

我が家はソフトバンク光に契約しています。夫がiPhoneの新機種に変更した時、固定電話とWi-Fiと家族間通話?をセットで契約したら「今より電話代を安くできる」と言われたからです。(セット内容が間違ってるかもしれないけれど…)

 

引越すにあたり住所変更の連絡をしたら、「引越し先でも継続して利用してくれれば工事代がタダになります」と言われました。

この時、継続しない人なんているのかな?と疑問に思えば良かったのだけれど、昔のNTTのように、引越せば引越した先で継続利用が当たり前だと思ってました。

 

結論から言うと、引越し先の家でインターネットが無料で使える契約なら、解約しても良かったんですね。

賃貸の場合は、家賃にインターネット利用代が含まれているなら(あるいは管理費を借りる側が払うなら)、ソフトバンクへのインターネット利用料を払うと、二重に払ってしまう事になるそうです。

マンションの管理会社に電話して聞いたら、単に回線が2本通ることになり、何の意味もないと。

我が家は今のマンションも、インターネット利用サービスが含まれている管理費を払っているので、「うそ~~!!じゃあ今まで無駄なお金を払っていたわけ?」と青くなりました。

ものすごーく後悔して、自分の知識がないばかりに損した!と情けなくなっていたのですが、よくよく考えてみたら、解約すると電話をまたNTTに戻すことになり、そして無線用のルーターを新たに買うことになり…となんだか面倒(>_<)

 

面倒なことが嫌いな夫は、もういいんじゃない?と

だけど契約する時だけ調子良いこと言って、解約時にどんなデメリットがあるかをわかりやすく説明してくれないのもひどくない?と思うのは私だけでしょうか。

 

これ、ソフトバンクだけの話じゃないんですよね。業界全体の病気かも。

auで契約していた友人も、「これこれの解約手数料が1万5千円、これこれの解約手数料が…」とかなり高くついてしまったそうです。

「解約時に違約金がかかる場合があります」とだけ言って、具体的な金額は聞いてないと思うとのことでした。

そんな条件で契約してしまう消費者の落ち度があると言われてしまえば文句も言えないけれど、理解できない複雑な仕組みを説明されて契約せざるを得ない弱みはわかってほしい。

 

日本でさえこの調子だから、海外でインターネットの契約をしようと思ったら苦労しそうです。

幸い、EFの英会話ではインターネット契約についてのやりとりもあるからそれを忘れないように覚えとかなきゃ。


What if I want to cancel the contract?-解約したい場合はどうしたらいいですか?

 

Do I need to give you notice?-事前に申し出る必要がありますか?

 

Do I have to wait for the contract to expire?-契約満了まで待たないといけませんか?


などなど。

でも、まずは日本語で理解できるようになってからですね。

 

タイトルとURLをコピーしました