良い投資物件の情報は流れて来ない

夫がフィリピンのマンションの話を持って来たのは2年前。投資勉強会か何かの集まりで、海外不動産セミナーが開かれたようです。

海外不動産の説明会は今もあちこちでやっています。一度セミナーに参加すると、その後も案内がしょっちゅうメールで届きます。さらに、私は海外についてよく調べるので、Googleの広告もたくさん入って来ます。

 

それで、なんとなくわかったことがあります。一般大衆向けには、おすすめ物件は決して出ないということです。

我が家が紹介されたコンドミニアム(フィリピンではマンションをこう呼ぶ)は、販売と同時に投資家に買い占められました。その中には日本人投資家も何人かいて、わが家はその人の買った1部屋を譲り受けたのです。

その人自身が保有する分も含めて、5~6室は買っていたようです。仲介業者さんの話によると、九州の教授か何からしいですが、お金がある所にはあるんだなと思いました。

また、フィリピンのコンドミニアムに投資している人たちのつながりもできているという情報も聞きました。

なるほどなるほど。こうやって、知り合いを通して良い情報は共有されて、一般には流れて来ないんだなと思いました。

自分のことを考えたら、確かににそうかもしれません。数が限られているお得な情報があったら、知らない人に教えるより友達に教えたいと思うでしょう。

 

そんなわけで、日本にいながらにして良い物件を買うことができたのですが、料金は決して安くありませんでした。

外国人を積極的に誘致しているフォートボニファシオ地区にある高層のコンドミニアムなので、日本とあまり変わらない値段。もちろん東京とは雲泥の差だけど、せっかくの海外投資なのになと思いました。

フィリピンの不動産はもう、場所によってかなり値上がりしてしまっています。

海外不動産をキャピタルゲイン(値上がり益)狙いで買うのだったら、もっと安い国の方が良いかったと思います。

でも、自分たちが行くことになった今は、とても助かる結果となりました。

ただ、わが家のようなケースはまれなので、心配しないでほしいです。

最初は賃貸で十分。日本の企業でも賃貸の仲介業者は多いし、ビザの取得サポート業者からも紹介を得られるそうです。

賃貸物件の探し方も、私が実際にフィリピンに移住したら、調べてブログにまとめます。

いずれにしても、半年から1年まずは賃貸に住んでみて、良い物件に出会えたら購入も考えてみると良いと思います。この情報はビザ取得サポート会社で聞きました。家賃の値上がりが激しいから、数年住むなら買ってしまった方が良いかもしれないと。

子供が学校へ通っている間に時間はたっぷりあるから、時間をかけて調べられますね。

私は不動産屋さんを回って知り合いを作りたいなと考えています。我が家の場合は、帰国後の売り時や高く売るための情報探しとして。

タイトルとURLをコピーしました