日本的教育

昨日カコが持って帰って来た小テスト。我が家でちょっとした論議を呼びました。

カコは小5なのですが、長方形の面積求める問題で、横×縦の回答にバツをもらったのです。

「え?」百歩譲って減点ならまだしも、バツなの?と目を疑いました。

 

 

カコには、「これは〇だよ。学校では違ってもうちでは正解だよ。」と言いました。

夫とも「日本的教育だよね~」と話して終わったのですが、後からこれでいいのか?という疑問が湧いて来ました。

学校ではこう教えるから仕方ないと娘に言ってしまったけれど、先生に納得できる説明を求めても良かったんじゃないかと。

 

気になって調べたら、同じ目に合った方はいっぱいいて、公式順守という観点でバツなんだという意見が多く見られました。

そもそも海外移住を決めたのは、英語だけの問題じゃなくて、こういう日本的価値観(融通が利かないとか)は当たり前じゃない事を学ばせたかったから。

世界では自由な発想や想像力が尊重されている中で、なんだか時代に取り残されてますよね。

 

カコはどう思うのか。聞いてみたら、「小テストだからいいよ。」とのこと。

もうすでに、「意味は同じなのにバツなんておかしい」とは思わなくなってしまっていました。自分で考えて出した答えをバツにされても、教えられたとおりに書かなかったからバツなんだと学んだようです。

なんだか残念です。自由な発想がこうやってつぶされていくのか…とか、子供が日本的教育に染まってしまっていることが。

 

そして、インターナショナルスクールにするか日本人学校にするか、学校選びで迷っている時に起こるこのタイミング!

予算的な問題や、私自身が学校の説明を理解できないのを恐れて、日本人学校に気持ちが傾いていたのに、もしかして、考え直せと言われているのでしょうか?

また悩みが深くなってしまいました。。。

タイトルとURLをコピーしました