KYはKYを呼ぶ

あまり人には言わないようにしていますが、私にはKY線があります。知能線と生命線が離れている手相です。

芸能界では爆笑問題の太田さんがその手相の持ち主で、何かのテレビで「日本人では7%しかいない」と言ってましたが、いろいろなサイトを見ると、25%だとか10%だとか、まちまちですね。

スポンサーリンク

KY線は少ないんじゃなかったの?

そんな希少価値の手相ですが、自分のことしか考えないとか空気が読めないという特性から俗にKY線と言われています。

マイナスな要素が強調される反面、目標に向かってまっしぐらになるから、夢をかなえやすいという良さもあるとされています。たしかに、50を過ぎてから海外へ行くぞー!なんて張り切っているおばさんはあまりいないのでしょうね。

 

私が自分の手相は少数派だと知ったのは小学生のころ。誰に言われたか忘れたのですが、「自分で良かれと思ってやることが他人にはそうでないことがありがちです」と。

その時からそれとなく気をつけるようにしてきましたが、自分の行動がひょっとして他人には嫌がられるかもしれないなと気にしてしまう時は結構あります。

 

息子(カコのお兄ちゃん)が小学生の時に野球部に入っていたのですが、そこのママ友グループはみんな気さくな人たちでした。なにもカッコつけずに付き合える間柄だったので、ある時

「私ねえ、KY線があるんだよねえ」

と言ったところ、

「え?私も同じような手相だけど?」

と2人が手を見せて来るじゃないですか。

それまで自分のほかにKY線を持っている人を見たことがなかったのでビックリ!

 

そうかと思うと、いつも通っている美容院の美容師さんにもKY線があることが判明。

そして先週の集まりでも、なんと9人中4人がKY線の持ち主。。。ほぼ半分じゃないですか( ゚Д゚)

 

その場にいたほかの人たちは、今まで見たことがないって言うし、それってKYはKYを呼ぶってこと?嬉しい反面、なんか複雑~な気持ちになったのでした(;’∀’)

全国のKY線さん、めげずに頑張りましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました