海外在住、そしてその後にやること

まだ実際に海外に移住もしていないのに、帰って来た後のことを考えてるって、どれだけ心配性なの?と言われるかもしれません。

でも、心配してるのではなくて、自分が60歳、70歳になった時に何をしているか?そのために今何をするか?をいつも考えています。

 

なぜかって、孫にお小遣いを挙げる役目だけになってしまうおじいちゃんおばあちゃんの話をよく聞くからです。

身体のあちこちに痛みが出て来て、思うように動けなくなるのは避けられないとしても、ただ孫の成長だけを楽しみにはしたくないのです。

家族は家族で大事だけれど、違う世界にも自分の居場所を作っておきたい。つまり、誰かの役に立てるものを持っていたいと思ってます。

 

それで、今興味を持って調べているのはエステティシャンです。

この間フィリピンに行って、自分がエステのお店を探したことでひらめきました。やっぱり、日本語が通じるお店がいいなと思ったのです。

これからもっともっと日本人観光客が増えたら、エステでの日本人スタッフの需要は増えるんじゃないか?と。

もちろん、ビザの関係で仕事としてはできないでしょうけど、英語を学ぶためにボランティアとしてならお手伝いはできるでしょう。

そして、手に職があれば帰国後も自分で自分の身を養って行けるんじゃないかと。

エステの技術は人の手に勝るものはないから、AIには太刀打ちできないはず。

年取ったエステティシャンなんて需要があるわけないじゃん!というのは凝り固まった考え。

だって、病院での需要や訪問介護など、お年寄りだって顔をきれいにして気持ちよくなりたいという願望があるから!

 

幸い、私はなぜか高齢者受けが良いのです。だから、上手く行けば独立開業だってできるかもしれません。

そう思って、エステの国際的な資格が取れる機関を探したら…

やっぱ、30万円以上はかかるのね(T_T)

⇒INFAスクールのページ

 

でも、ここで自己投資をしておけば、将来的に元が取れるだろうと、ただいま真剣に考え中。

さて、どうしたもんか…

タイトルとURLをコピーしました