移住半年前の心境

今朝は5時起きでお弁当作りでした。娘のカコは小中一貫校に通っているので、日曜日も部活があるのです。(過去記事⇒親の目から見た小中一貫校

フィリピンの学校は朝早いから、移住したら毎日こんな生活なんだろうなとぼんやり思い、まだ半年先なのにお弁当作りのことを調べてしまいました。

 

まだもうなり」という有名な相場の格言がありますが、今の私はそんな気分。だって、移住を考え始めた3年前はまだまだ先と思ってたのに、もう半年後に迫っているのです。ずっと緊張していたビザ取得の滞在だって、行ってからあっという間に1年がたってしまいました。(その頃の記事⇒ビザ取得の旅開始から

 

最近そんなことを考えているせいか、夜眠るのが下手になってしまいました。

どちらかというとすぐに眠れる方で不眠症には縁がなかったのに、ここ数日は寝れないばかりか、体に力が入って肩こりになっています。まったく、今からこんなんじゃ出発直前はどうなってしまうんだろう?

 

スポンサーリンク

人生を楽しむために必要な考え方

どこへ行っても、どんな時でもリラックスできる人っていますよね?そうなれたら人生が楽しいだろうなと思って努力しているのですが、なかなか変わるのは難しいですね。。。

考え方を変えるには環境を変えるのが早い!ということで移住するんですけど、ブログを書いているので、後から自分の気持ちの変化を見ることができます。どんな風に自分が変化して来たかを振り返るのが楽しみです。

 

だいたい移住を決めたのは、子どもの教育目的はもちろんですが、自分の余生を楽しみたいという理由もあります。家族のために生きて来た第一の人生を終えて、第二の人生を楽しむのに私に足りないものは、たぶんこういうことじゃないかと↓

 

・人目を気にしない

・不便を不満と感じない

・いい加減を受け入れる

・人に頼る

・なんとでも生きて行けると知る

 

人目が気になる

人目が気になる人は基本的に怖がりだと思うんですよね。人から嫌われるのがこわいから、周りの目を気にして行動してしまう。自分の場合を考えると、ビクビクしている原因はなんだろう?と考えると、いつもこの怖い感情に行き着きます。

事故にあったら怖い、失敗したら怖い、大きな音が怖いなどなど。その一連の中に人に嫌われるのが怖いもある気がします。

嫌われてもいいや!と思えばいいとよく言われるけど、実際そう考えようとしてもうまく行きませんでした。だって心の中は、嫌われたら嫌だと思ってるんだから。

だから瞑想する時に自分の良いところを思い浮かべて、自分は悪気がある人間じゃないから、嫌われたとしたらそれは避けようがない、友達は嫌わないでくれる、と言い聞かせるようにしています。

不便なことがあるとストレスがたまる

人間て生活の質を落とせないと聞きませんか?一回良い思いをしてしまうとその便利さから離れられない。金持ちだった人が転落人生を送ることになるとストレスになるのはそのためですよね。

車での送り迎えが無いのは我が家にとっては当たり前だけど、毎日送迎してもらってる子(奥さんに送ってもらう旦那さんも)は、用事があって車を出せないと文句を言ったりするでしょう。

産まれた時から東京の便利な生活に慣れているカコには、不便を受け入れらない子に育ってほしくありません。そうなったら一番困るのは本人ですもんね。

もちろん自分もです。たとえば旅行先のホテルが古いと「なんだかなあ」と思うし、コバエが部屋に出るとしかめっ面になります。せっかくの旅行を楽しめないのはもったいないですよね。

いい加減なサービスにムッとしてしまう

私はミスに不寛容です。完璧主義の父に育てられたせいか、落ち度がないのが当たり前の職場にいたせいか、自分にも厳しいのですが相手のミスにむっとしてしまいます。一度のミスは仕方ないと思えるのですが、続くと「なんなんだ?」と思ってしまうのです。

そんなこと言ってもフィリピンはミスだらけの国(失礼!)。いちいち腹を立ててたらやってられません。頭ではわかっているものの、気持ちがついていかない。だから生活しながら慣れて行こうと思うのです。

人に対して寛容になれれば人生は楽しそうですね。でも今、私だけでなく日本中でそういう傾向のように思います。

駅で「電車が遅れまして大変申し訳ありません」というアナウンスを聞いて、「どの電車が遅れたの?わたし普通に乗れましたけど…」と思います。10時5分の電車が遅れて10分に来たとしても大差ないじゃないですか。

小さなことにイライラしなくなりたいから、少し日本を離れようと思うのです。

なんでも自分でなんとかしないと…と考えてしまう

自分に決定的に足りないのはこれ。人に頼るのが苦手なんです。頼ろうとするとぎこちなくなって、上手に甘えられません。お礼を言い過ぎてかえって気をつかわせてしまったりします。

でも海外に行ったら自分でできることなんて限られてる。

本当は日本にいてもそう自覚するべきなんだろうな。自分でなんでもやるというと聞こえは良いけど、自分でなんでもできるとおごっているとも言えますもんね。もっと謙虚にならなきゃ。。。

生きるのに不安を感じる

心配性だから当然っちゃあ当然なんですけど、よく不安感に襲われます。お金のこととか、健康のこととか、別に何か問題が無い時でも、大丈夫かなあと未来の心配をしてしまうのです。

誰かが言ってたのですが、「ぜいたく言わなきゃ仕事なんていくらだってあるし、住む所もたくさんある。給料が安いとか駅からめちゃ遠いからみんな”無い”と排除しているだけ」と。

たしかにそうですね。その気になったら映画見なくたって生きて行けるし、外食しなければ食費も安くできます。あれもこれも捨てられないと思うから「生きていけないかも」の不安に襲われるんでしょうね。

 

この間、YouTubeのホリエモンチャンネルで、住み込みの居候(いそうろう)を欲しがっている人はいっぱいいると知りました。そう思うと、掃除と料理をして来た主婦は、年をとってもバリキャリOLには母親的な立場で役立てるんじゃないでしょうかね?

そう思ったら、なるほど…何をしても生きて行けそうですよね。

 

こうやって、、、

いろいろ考えるのが寝れない原因なんでしょうね(=_=)

このクセも海外生活で治るかな?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました