移住2か月前の心境

今年に入ってもう20日が過ぎました。だんだん近づいてくる移住を考えると、緊張で眠れない日が続きます。

「まだ2か月先じゃない」と言われそうですが、心配性の私にとっては「もうすぐ」のこと。寝ながらふと、「あ、あれやってなかったな」と思い出してはドキドキしています。

移住の準備はほとんど終わっていて、あとは直前にしかできないことがほとんどなんですが、夫からどうやって送金してもらうかをまだ決められていませんでした。仕事が忙しそうでなかなか相談できない。。。

現地に着いた時のサポートをお願いする人はトラベロコで探したし、送金以外は特に心配ないはずなんですけどねえ。

※トラベロコについて書いた記事はこちら↓

空港から市内への移動を現地在住者に依頼できそう
最近、私の周りではツアーじゃない個人旅行をする人が増えてきました。若い頃は弾丸ツアーも平気だったし、時間が決められていたとしても安いほうが良かったけれど、50過ぎると自分のペースでゆっくり周りたいと思うようになります。 海外旅...

 

 

緊張ってなんでするんでしょうね。先のことを考えるから?失敗しちゃいけないと思っているから?なるべく考えないようにはしているのだけど、いつの間にか肩に力が入ってしまいます。

自分が若いころ、おばさんって図々しいよねと思っていました。いろいろなことを乗り越えて怖いもん無しになるんだろうな、と。その一方で、自由奔放にふるまえる姿をうらやましくも思っていました。

なのに…自分はおばさんになってもずっとビビりのまんま。やっぱり性格って変えられないものなんですかね?

 

今年ワールドカップがあったラグビーですが、日本代表の田村選手が「1週間くらい眠れなかった」と言っていたのを聞いて、あんなに大舞台に慣れている人でも相当の重圧だったんだなと驚きました。

それを考えてしまうと自分なんて、なんと小さなことで緊張しているんだろうと恥ずかしくなります。そういえば初めてカンボジアに行く時も相当緊張したっけ。でも終わってしまえばあんなに緊張してバカみたいだった…という感想でした。

 

「そんなに緊張がいやならやめちゃえばいいじゃない」

 

私の中の声がささやきます。何もしないで部屋でおとなしくしていれば、怖いことは何もなくて済むのだから。

それでも好奇心が打ち勝って、結局私は前進するのです。何度も何度も同じことを繰り返しながら。

 

今、受験生の子たちはきっとすごく緊張しているでしょうね。センター試験は終わったものの、私大受験や高校受験、中学だって2月入ってからが勝負ですもんね。

それぞれ自分なりの気持ちの落ち着かせ方を編み出して、実力を出せるようにリラックスしてほしいです。全国の小心さん、お互いがんばりましょう!

緊張しやすい私流心の落ち着かせ方
「そうだ!カンボジアに行こう」と決めたものの、緊張で食事ものどを通らなかった数日間。ようやく心が平静を取り戻しました。(⇒その時の記事) また次にドキドキしてしまった時のために、また、同じように緊張しやすい人のためにも、どうやって気持...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました