断捨離の心構え

広かった持ち家から2度の引越しを経て、断捨離の心構えがわかってきました。

よく言われる「1年使っていないものは捨てる」という期間を区切る方法は、子持ちの家庭にはあまりあわない。なぜなら、使わないだろうと思われるものが学校で必要になることが多いからです。

緑の無地Tシャツなんていらないよね?と捨てたら、「発表会で木の精になるから緑のTシャツない?」と言われたり、「図工で使うんだけど」と言われ、捨てたばかりのビーズを悔やんだこともあるし。

 

そういえば、メルカリで大量のトイレットペーパーの芯が売れたという話を聞いた。やはりそれも、学生が工作で必要だったそうです。

それならいっそ、いらないものは全部学校に持って行かせたくなりますね。

 

自分の物はまだ決断権があるから良い。厄介なのは夫の物です。

うちの夫は典型的な捨てられない人。私だって捨てる時に心を痛めているのに、潔く捨てる私を「物を大事にしない女」扱いしてくるから困ります。

こっちも最初は気をつかって夫に聞いていましたが、聞くたびに捨てる物は一切出ず、実家の義母の元へ送っています。実家に送っても近い将来、また自分たちが捨てることになるのに。

私なりに得た断捨離の心構えは、「足るを知る」。自分に今あるものに目を向け、有り難いと満足する。それは「物」に対しても同じじゃないかと。

無いと困るものを例え捨ててしまったとしても、有るもので間に合わせる、あるいはあきらめようと心に決めたら断捨離しやすくなりました。

夫の引き出しを片付けていた時、同じような半そでシャツが10枚出て来た時には絶句しました。片づけがだらしないから、本人も持っているのを忘れて次から次へと買い足したのでしょう。

 

そこで自分に言い聞かせた。靴下や下着は形の違うものがそれぞれ2組替えがあれば十分。だからあとは捨てようと。

たとえばハイソックス×2、スニーカーソックス×2…みたいに。

一度にたくさんいるのは長めの旅行くらいだし、旅行の時こそ、少ない着替えでやり繰りした方がいいのだから。

身軽になっておかないと、身軽に海外へ出れないから…。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました