初めてのフィリピン

2020年に娘のカコを連れてフィリピンに住む。そう決めてから、いろいろな不安や迷いを抱えて来ました。

けれど、今回初めてフィリピンに降り立ち、その決意は深まりました。絶対にフィリピンに来る!と。

ホーリーウィークの最中、フィリピンの町はきっといつもとは全然違う様相だったことでしょう。日本で言えば、お盆の都心、あるいは元旦の街中…そんな感じ?

他の時期を知らない私が断定的な事は言えませんが、初めてのフィリピンの感想は、とっても居心地が良かったです。

出発前はスリやぼったくりを極度に恐れていましたが、それほど心配することもありませんでした。まあ、用心に越したことはないので、大丈夫だよとは言いません。

私も一人だったから余計、お財布はカバンから出さないようにしたし、大きなバッグを持ち歩かないとか、気をつけていました。それは日本人は慣れていないので、意識して初めてできる事だと思います。だから「気をつけた方がいい」はホント。

でも、ドッキドキだった出発前を思うと、取り越し苦労だったなと。

基本、人はみな優しいです。仏頂面なだけ。

というか、いつも愛想笑いをしているのは日本人くらいかも。必要な時にはちゃんと笑顔で対応してくれました。

詳しい現地レポートは日本に帰ってからまとめますが、大好きになれたこのフィリピン。もっともっと、いろいろな情報を現地から届けられるようになりたいなと、2年後の自分を想像しています。

皆さんもぜひ、一度はフィリピンに来てみて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました