子供の身分証明にマイナンバーカードを作ろうと思ったけど

週末に学生時代の友達とランチをしたら、「ねえねえ。証券会社へのマイナンバー登録ってどうしてる?」と聞かれました。彼女いわく、なんかいやだから登録していないとのことでした。

 

登録しないと取引制限が出て来ることは把握していましたが、「どうせあんまり売買もしないし…」と言ってました。

「ずっと登録しないでいると、逆にやましいことしてるんじゃないかと思われるから、登録した方がいいよ。住所変更とかもできなくなるし。」と言うと、安心して登録することにしたようです。

それで思い出したのが、子供のマイナンバーカードのことです。

 

スポンサーリンク

マイナンバーカードは必要?通知カードじゃダメ?

マイナンバーが導入されて2年。お金関連の手続きには必ずマイナンバーの記入が必要となりました。

顔写真入りのマイナンバーカードを作った人ってどれくらいいるんでしょうね?番号さえわかれば事足りるから、通知カードで十分ですよね。

 

ところが、住所変更手続きをしようとして子供の写真入り身分証明書が無くて困り、それからマイナンバーカード申請を考えるようになりました。

考えてみたら子供の顔写真付きの身分証明って無いんですよね。パスポートには顔写真ページがあるけれど、住所の記載が無い(後ろのページに自分で書く欄しか無し)ので、パスポートでは証券口座などで身分証明には使えません

おまけに同居の家族にマイナンバーカード保持者がいればコンビニで住民票が取れるとも聞いたので、これはいい!と申請することにしたのです。

 

↑①は15歳未満不要、②~④は同じ番号でも良いそう

 

そうこうして去年、子供のマイナンバーカードを作ったのですが、結局、作らなくても良かったんじゃないの?という結論に至ったのです。その理由は…

 

15歳未満の子供はコンビニで住民票が取れない!

 

なんと、一番の目的であった住民票をコンビニでが、子供のマイナンバーカードではできないことが判明しました。

コンビニの書類発行端末にログインするには電子証明書が必要で、これを取得するには15歳以上でないといけないからです。

 

未成年の子供は有効期限が短い!

マイナンバーカードには有効期限が印字されています。20歳未満の人は顔が変わりやすいので有効期限が約5年なんですね。つまり、5年たったらまた更新手続きをしなきゃいけないってこと。

”約”と書いたのは、有効期限が正確には発行から5回目の誕生日だからです。

目的が達成できないうえに5年ごとに更新なんて…

呆然とした私でしたが、まあ、嵐のライブで身分証明として使えばいいから、良しとすることにしました。

↑中に入れると大事な箇所が見えないようになっているカードケース

 

 

しかし、こんな面倒くさいことなら作らなきゃよかったなと思い、5年後の更新時に通知カードに戻してもらおうかと思ったのですが、総務省の『わかりやすいマイナンバーQ&A』には、こう書いてありました。

返納された通知カードは市区町村において速やかに廃棄することとされております。

 

ちーん、もう戻せません(T_T)

ちなみに成人の有効期限は10年です。その頃には本人が受け取りに行かなくても良いような便利な制度になってたらいいなあ。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました