混み混みのニノイ・アキノ国際空港

日本からフィリピンまでは約4時間半。早くて有難いですが、今回は着陸態勢に入ってからいつまでたっても下りる気配がなく、モニターに映される到着までの時間が一向に減っていきませんでした。

3月に行った時には離陸が遅れたにも関わらず、予定より15分くらい早く着き、ずいぶん楽に感じたのだけど。

 

カコもだんだん気分が悪そうな顔になり、最後まで持つかどうか心配でした。

 

そのうちに、ニノイ・アキノ国際空港の上空は着陸待ちの飛行機で渋滞していて、順番待ちをしているとのアナウンスが流れました。

20分くらいグルグル旋回している間は私も胃のあたりがムカムカして来ましたが、飛んでくれただけでも万々歳!

ANAは国内線が相当欠航していたので、実は心配していたのです。

酔いを収めるために飛行機をおりるのは最後になりましたが、この旅では焦る私からは卒業しようと思っていたので、カコが立てるようになるまでじっくり待ってあげました。

もうほかの人たちは行っちゃったかなと思ったらそんなことはなく、入国審査の列はごった返していました。

システムをアップグレードするまでちょっと辛抱してねとの張り紙↓

導入されたらもっとスムースに流れるようになるかな。

 

やっと通過したあとの出口の外にはまたまた迎えの人の山。

前回は一人でドキドキしながらウーバーで配車しましたが、今回は迎えに来てもらっているので安心です。

出て来るのがずいぶん遅くなってしまったけれど、プラカードを持って待っていてくれました。

タイトルとURLをコピーしました