英語が通じれば現地の言葉は覚える必要がない?

日本語を覚える手伝いをしていた留学生さんが、来月に帰国することになりました。

約4か月日本にいた李さんは、言われていることはだいぶわかるのですが、自分が話すのには苦労しています。

 

李さんはカナダの大学で勉強している中国人で、覚えの速さに頭の良さを感じます。

そんな頭の良い李さんでも話すことには苦労している。一緒に時間を過ごして来て、少しその原因が分かったように思います。

それは、日本人の友達を作らないことです。

日本の観光名所など、遊びに行くのは同じ留学生どうし。少しでも日本人の友達ができれば、もっと早く言葉を話せるようになるのに…。

 

それと、英語が通じるところでは日本語を使おうとしないのも、日本語が上達しない原因だと思います。

たとえば私との会話も、せっかくなんだから日本語で話すようにしたら良いのに英語なんです。

観光名所やお店では英語がある程度通じるので、日本語を話さなくても問題ないかもしれません。でも、もし日本語を話せたら、もっとたくさんの人と仲良くなれると思うのです。

それは、私たちが海外へ行く時にも同じですよね。英語が通じれば現地の言葉を話せなくても問題ないか?

もちろん問題は無いでしょうが、現地の言葉がわかればもっと滞在を楽しめるんじゃないかな。

 

 

この夏、私たち親子がフィリピンに行った時、同じことを思ったことがあります。コンドミニアムのプールでのことです。

普段、私たちが行くような平日の昼間は誰もいないのですが、その日は現地の(?)女の子が後からやって来ました。娘のカコと同じくらいか、もう少し年下の様子でした。

その子はとても活発な子で、カコがほとんど英語を話せないにも関わらず、構わず話しかけて来ます。

プールサイドのデッキチェアから見ていた私には、その会話は聞こえて来なかったのですが、カコは身振り手振りでコミュニケーションを図っていました。

そのうちにもう一人、今度は白人系の女の子がお母さんと一緒にやって来ました(さっきの子は隣のジムにお父さんがいた)。今はやりの人魚の水着を着ています。

”活発ちゃん”は今度は”人魚ちゃん”に話しかけに行きます。英語で進む会話にカコは置いてけぼりになりながらも、一緒に潜ったり人魚泳ぎの競争をしたりと、何だかんだ長時間遊びました。

 

その話を英語のレッスンで先生にすると、「英語を話す友達を作るのが一番よ」と喜んでくれました。

ただ、あいにくカコは人見知りのため、知らない子と仲良くなるのに時間がかかります。だからその日以降、また一緒に遊ぶということはありませんでした。

 

やっぱり、人懐っこい性格の方が語学を習得するのは早いですよね。アメリカの『バチェラー』で”ゆきぽよ”ちゃんがすぐに皆に馴染んだのも、『こんなところに日本人』で”せいじ”さんが仲良くなれるのもわかります。

それを思うと私たち親子は不利ですが、移住したら、なるべく現地の人と仲良くしたいと思っています。日本人グループに収まってしまわないで。

そのための手段が現地の言葉を覚えることだと思うのです。

 

話は戻りますが、夏にフィリピンに行く前に、「お母さんも英語のレッスンをなさいますか?」とサポート業者さんに聞かれたのです。カコのレッスンは申し込んでいたのですが、私はオンライン英会話をやっていたので断りました。

その時、「タガログ語のレッスンだったら受けたいと思うのですが…」と聞いたところ、タガログ語は別にわからなくても問題ないと言われました。

結局、その分お金が余計にかかるので私は辞めたのですが、やっぱりタガログ語がわかった方が楽しそうと改めて今思います。

移住まであと1年はあるので、独学で勉強してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました