1人じゃないんだ

昨日、スマホに入っている写真を整理しながら、フィリピンのことを懐かしく思い出していました。

あんなに一大事に感じた滞在が、あっという間に過去の出来事に変わって行きます。

 

ビザ取得の手続きが上手く進まなかった時には、「自分は何をやっているんだろう?」と気持ちが落ち込みましたが、終わってしまえば何のことは無い。人生の中のほんのちっぽけな一片でしかありません。

着実に目標に向かって進んで行くただの通過点です。

 

有難いことに、このブログも読んで下さる方が増えたようです。チラホラとご連絡を頂けるようになりました。

同じように海外滞在を目指していらっしゃる方がほとんどですが、そういう方々のメールを拝見していると、自分は一人じゃないんだなと心強くなります。(まあカコがいるという意味では一人じゃないんですけどね^^;)

 

ビザ取得という1つの目的が達成した今、油断していると毎日がどんどん過ぎて行きます。

移住までの1年半、このまま何もしないでいても、気付いたら目の前となっていることでしょう。

そんな時、同じ目的を持った人のことを想像すると、あの人もあの人も進んでいるんだなと、やる気が出ます。

良い刺激を受けて、自分も頑張るぞ!と初心を思い出すのです。

 

 

たとえば私の場合は、インターネットが思うように使えないかもしれない(⇒過去記事)とわかったので、ネットに依存しない仕事を探したいです。

インターネットの問題が仮になくて済んだとしても、停電になってしまえばパソコンを使う仕事は大ダメージです。(日本でも台風の被害で停電した地域は多かったですよね)

 

海外移住をすすめるサイトには、「パソコン1台で仕事ができる!」と煽っているものがいっぱいありますが、やっぱり1つのものに頼り切ってしまう生き方は危険なのではないかなと思います。

かといって、フィリピン内で収入を得て働くにはまた別のビザ(就労ビザ)を取るか、外国人労働許可書(AEP)が必要だし…。

 

 

そうか、AEPを取ろうかな?

これまでは、「英語の勉強したいのでお給料なしで良いから働かせて下さい」と飲食店に行こうかと思っていました。

お金をもらわないなら法的に問題ないかなと思ったからですが、雇う側は面倒なことに巻き込まれたくないかもしれません。

手続きを踏むことで雇い主も私も安心していられるなら、ちゃんとお給料をもらうのもアリかも!

 

9月は何をやるわけでもなく毎日が過ぎてしまいましたが、やろうと思えばやることがいっぱいある。思い出させてもらった同士たちに感謝!!です。

 

タイトルとURLをコピーしました