フィリピンで話されている英語

フィリピンの方の英語は発音がきれいですね。

日本でもオンライン英会話などでフィリピン人の先生が多いですもんね。

 

ところで、フィリピン人の英語を聞いていたら、欧米とはちょっと違うところを発見しました。

 

それは、Good afternoon.をよく使うこと。

Good afternoon なんて、今まで授業でしか使ったことが無い気がしますが、フィリピンではHi!やHello!の代わりに、Good morningやGood afternoon, Good eveningをよく使っていました。

 

「Good afternoon, Mom!」

 

マムは女の人全般に使うようで、小5の娘でもマムと言われてました。

男の人にはご存知、「Sir」ですね。私は後ろに何もつけずに返していましたが、ほとんどの人がマムかサーをつけて挨拶していました。

 

 

現地語のタガログ語と英語はどちらが多いかというと、マカティでは若干タガログ語が多く感じました。

もちろん、マカティやBGCは都会だからそうなのであって、セブや他の地域ではたぶんタガログ語が断然多いだろうと思います。

 

あと、会話の中にやたらと英語が混ざっていました。

現地の方に聞いたら、日本語で言うところのカタカナみたいな扱いだそうです。

数字は主に英語で言うし、stopやThank you、Let’s goなどは普通にそのまま英語。

ま、これらは日本でもこのまま英語で言いますが、割合的にはフィリピンの方が多いように感じました。

 

あと、これは独特な言い回し。

フィリピン人は丁寧語(です、ます)として「PO(ポー)」をつけることが多く、店内でよく聞こえて来たのは、こんな言葉でした。

 

Thank you, po.(ありがとうございます)

Next, po.(お次の方)

Yes. po.(はい、そうです)

Oo, po.(はい)

 

本当は「ポ」と発音するらしいですが、「イエスポー」「オポー」と聞こえます。

子供でも「ん?」と気付くくらいよく使われていました。

 

英語社会ではあるのですが、意識しないとあまりしゃべらずに生活できてしまうので、移住後は英語を習いに行こうかと思っています。

日本人が経営している英会話は何かと安心ですが、予算を抑えたければ、韓国人が経営している英会話が安いそうです。

タイトルとURLをコピーしました