フィリピン株を買いたいけど買えないから間接投資

フィリピンではまだ株式投資が一般的ではないそうで、株式市場には、去年の年末時点で272銘柄しか上場していません。(東証1部と2部の合計の約10分の1)

まだまだ発展余地があると見て、フィリピン株を買いたいという記事を前に書きました。

 

証券口座を開くために銀行口座の開設も考えたのですが、やっぱり住んでからにしようと諦めました。ある程度の滞在が必要となってしまうので、そのためだけに行くのはもったいないと思ったからです。

 

それと並行して、日本株の物色をしていました。日経平均がだいぶ下がってしまったので、見込みがなさそうな株を売却して、数万円の損切りをしました。来年の移住に向けて口座内を整理するのですが、それまでの短期でも狙える株を探したのです。

 

ピックアップニュースを見ていたら、ふと目についた銘柄がありました。それは、ユニバーサルエンターテインメント(銘柄コード:6425)です。

この会社は、フィリピンのカジノリゾート「オカダマニラ」を運営する現地法人「タイガーリゾーツ レジャー&エンターテインメント」の親会社です。

 

日本でカジノ法案が検討され始めたころ、私もミーハーにカジノ関連銘柄を調べたんですよね。その時に初めて知った会社でした。ただ、オカダマニラの名前だけは聞いたことがあった。だって変なネーミングですもんね。初めて「マツモトキヨシ」を知った時の衝撃ほどではありませんでしたけどね。

 

オカダマニラの紹介ページ↓

 

でもこの会社はいわくつきのギャンブル株で(事業だけでなく^^;)、元会長が逮捕されたりアメリカの会社と裁判で争ったり、何かと問題を抱えていたので、一度購入を見送ってそのまま忘れていました。

 

ところが昨日、株式値上がり銘柄の中にその名前を見つけて、調べてみたらいろいろなことが解決したという内容を見つけました。

裁判で争っていた相手との和解、元会長の更迭…

 

さらに目を引いたのが、フィリピン証券取引所への上場です。

詳しくは、タイガーリゾーツ レジャー&エンターテインメント社が上場するのではなく、元々上場していて稼働していない幽霊会社の株式を取得して、その会社にオカダマニラの所有権を移そうとしているみたい。各サイトで裏口上場と書かれています。

(一例)カジノIRジャパンのサイト

 

それから一生懸命、ユニバーサルエンターテインメント、オカダマニラ、関連のことを調べ、今日、3,230円で買ってみました。

IR資料の読み方は相変わらず自信がないのですが、チャートの形から…どうでしょうねえ。

 

 

本業のパチスロ機械は相当望み薄いようなので、そっちが足を引っ張る可能性がありますが、ちょっとギャンブル的に楽しんでみたいと思います。

 

※追記…やっぱりギャンブル的な投資は怖くなり、一か月足らずで売ってしまいました。自社株買いを発表して上がったタイミングで13,000円の微益。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました