ビザはどうする?

子供と一緒に海外の学校へ行くには、長期になるので滞在ビザが必要になります。

ビザの事情は国によって違うので、ここでは私の経験をお話します。他の国については追々に調べて各国のビザ情報もまとめますので。

とりあえず、私が目指しているフィリピンのビザ事情を。

スポンサーリンク

フィリピン就学のためのビザ

フィリピンのビザにはいろいろな種類があり、詳細がよく変わるそうです。制度面ではまだ未整備の国ということなのでしょう。

目的によって必要なビザも変わるので、ビザ取得のサポート会社に相談しました。すると、私のように3年間の子供の就学には、SRRVという特別居住退職所得者ビザが良いとのことでした。

フィリピンではクオータビザという永住権を持てるビザが有名ですが、サポート会社に言われたのは、クオータービザだと親子それぞれに取得しなければならず、費用が1人当たり50万円以上かかるとのことでした。

後で調べたところ、この取得費用が明示されてる業者は見つからない。取得自体にいくら必用かもしょっちゅう変わるそうだし、サポート手数料が業者によって違うから、みな「詳しくは問合せ」と書かれています。

それに比べると退職者ビザのSRRVは、多くのサイトで申請料1,400ドルと書かれています。(ただし、実際に取る時には年会費が上乗せされて1,760ドルになる)

3年間滞在した場合は、毎年360ドルの年会費を払うので、こうなる。

1,400ドル+360ドル×3年=2,480ドル

 

クオータビザは年会費は必要ないけれど、親子2人で約1万ドル(100万円超)はかかることになるので、預託金5万ドルと合わせると6万ドルにもなってしまいます。預託金については業者に建て替えてもらうなどの裏ワザがあるようですが、永住する可能性は低いこともあり、言われたとおりSRRVを取ることにしました、

 

 

なお、各国のビザ事情は刻々と変化するので、これから申請を考えている方はあくまでもご参考にどうぞ。

 

1.SRRVクラシックの要件

【年齢】35歳以上

【預託金】35ー49歳は50,000ドル(USD以下同じ)、50歳以上は年金収入がある人は10,000ドル、無い人は20,000ドル

【申請料】本人は1,400ドル、同伴者1名につき300ドル

【年会費】360ドル

 

預託金はフィリピン退職庁が指定する銀行へ送金するが、ビザ取得後に投資へ転換することも可能。また、フィリピンに投資用の不動産を買って所有していれば、既に居住可能である限りは預託金として代用できるとのこと。引出して使うことはできません。

 

2.SRRVスマイルの要件

【年齢】35歳以上

【預託金】20,000ドル

【申請料】本人は1,400ドル、同伴者1名につき300ドル

【年会費】360ドル

 

預託金はフィリピン退職庁が指定する銀行へ送金し、投資へ転換することはNG。ビザ取り消し後は引出し可能。

 

 

これらを見ると、予算的にはSRRVスマイルの方が良さそう。でももし余裕がある人は、せっかく経済成長が著しいフィリピンに滞在するので、不動産を買っておくと値上がり益が期待できるように思います。ならばSRRVクラシックにしておいて、資産を増やすのも良いのでは?

 

インターネットで自分で調べているだけだと、永住権を取れるクオータービザが絶対良い!と思ってしまいがちですが、詳しい業者さんに相談すると、自分の環境と合わせてどれが一番良いかを教えてくれます。売り込みが怖い人でも、一度無料相談会などに行ってみると良いと思いますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました