申請用写真は10枚以上?なら安くしなきゃ

ビザを申請するために必要な書類は揃いました。あとは申請用の写真だけです。

サポート業者さんからは、準備するものの中に、「写真12枚」とあります。

 

「ん?12枚?1~2枚(1枚か2枚)の間違いじゃないの?」

と最初は思ったのですが、本当に12枚必要だそうです。

一体全体、そんなにどこへ提出するんでしょう?

検索して調べた中には、念のため15枚持って行くように書かれたものもありましたが、いざとなれば現地でも撮れるので、私は言われた通り12枚を用意することにしました。

 

駅にあるような証明写真では、1シートが700円~800円くらいしますよね。ビザ申請用はパスポートサイズ(5cm×5cm)だから、1シートの枚数も4枚と少ないです。

12枚準備しようと思ったら700円×3シート=2,100円もかかってしまいます。

 

写真屋さんだったらなおさら、デジカメ仕上げにしても1シート1,500円~2,000円くらいするので、1,500円×3シート=4,500円も必要です。

 

やっぱりここはコンビニ証明写真でしょってことで、初めてコンビニ証明写真を利用することにしました。

 

スポンサーリンク

コンビニ証明写真 写真の登録

いろいろなサービスがあるようですが、私が使ったのは「ピクチャン」です。

 

使い方は簡単。スマホやデジカメで自分で撮り、コンビニの印刷機でプリントします。しかも

1シート200円というリーズナブルさ!アプリを入れなくてよいところが気に入りました。(ただし1シートは2枚です)

 

 

まずはピクチャンのサイトから写真のサイズを選びます。

 

「国別で選択する(ビザ申請用)」ではフィリピンのサイズが45cm×35cmとなっていたので、そこでは選ばず、「サイズ指定」の欄で「50mm×50mm」と入力しました。

 

次は写真をアップロードします。

私は、撮影した写真の中心がずれていたので、あらかじめ修正して保存しておいたのですが、そんな必要はありませんでした。申し込みの途中で、位置調整や拡大縮小ができるようになっていました。

 

出来栄えを確認して、OKなら「決定」を押します。

 

すると、プリント予約番号を送るメールアドレスを入力する画面が出てきます。

 

 

「決定」を押すと、予約番号が表示されます。私は念のため番号を控えておきました。(番号は画像修正で細工してあります↓)

 

 

入力したメールアドレスには、「セブンイレブンのお知らせ」と、「ローソン・ファミリーマート・サークルK・サンクスのお知らせ」の2通が届いていました。

 

ただし注意書きとして書かれているように、パスポートやビザの場合、余白や背景などの関係で却下される場合があるとのこと。確実に審査に通りたい場合は気をつけた方が良いでしょう。

 

コンビニで写真を印刷

コンビニでは印刷機で操作します。

私はセブンイレブンでやりました。

 

 

ネットプリントメニューに進み、予約番号を入力します↓

 

画像が光ってしまった!お許しを…

 

 

硬貨かnanacoでしか支払いができなかったので、レジで1,000円を崩してもらいました。

 

200円×6シート=1,200円

私とカコの2人分だから2,400円で済みました。

 

 

さて、出来上がった写真は…

 

 

うーーん、やっぱりそれなりの出来かな?

背景に影ができてしまってます。

 

厳密な証明写真にはこういうのは通用しないのではないかと思います。

撮り方に自信がある人は良いけど、そうでなければ、就活やパスポートなどの厳格なケースではやめた方がいいかもしれません。

私はあくまで、「却下されたら現地で撮ればいいや」ってことでこれでやってみます。

※後日談…この写真で通りましたよ。でも気になる方は写真屋さんでどうぞ。

 

ちなみに、12枚全部を自分で切るのは面倒でした。

途中で集中力が切れそうになるので、急いでなければ分けてやった方が良いです。

 

定規を使ってカッターで切るのはズレそうだったので、ハサミをぎりぎりまで噛ませて、一気に(でもゆっくり)刃をおろしたら、割りとまっすぐ切れました。

 

図に書くとこんな感じ↓

 

一応これで写真の準備も終わりです!あとは出発を待つばかり…

タイトルとURLをコピーしました