記録をするとがんばれる

もう1年以上も続けているFX取引。やればやるほどお金が減って行きます。

去年1年間の損失は30万円弱。ちょこっと儲けてはドカンと負けて、いわゆる『コツコツドカン』型の悪いパターンにハマっています。

損をするのを避けようとして、損切りラインを大きくしてしまう。逆に利益を逃したくなくて、上がるのを待ちきれずに利益確定してしまう。

それは人間の心理だそうです。

毎日お金が減って行く現実に耐えられなくなって、もうやめようと何度も思いながら、ズルズル続けています。

毎日、自分がどうしようもなくダメ人間に思えるし、どこで見切りをつけるべきか悩んでしまいます。でも、諦めたらそこで終わり。そう思うとなかなか踏ん切りがつきません。

そんな時、私はノートに記録するようにしています。どんな取引をしたらどういう結果になったのか。その時自分はどんな気持ちだったか。その後どうなったか。などなど、いろいろな事を書き込んでいます。

去年のノートを見返してみると、「もうバカじゃない!」という自分を罵倒する文字や、「何やってるんだろう?自分…」という暗~い言葉などばかり。喜び勇んだ文言が見つからなくて悲しくなります(笑)

でも、何月何日にどんなことをやったのか、どういう気持ちだったのか、などを記録すると、自然とがんばれてしまう現実もあります。

こんなにやったんだから、きっとうまく行くはず!という期待もあるでしょう。自分の頑張りを思い返すことにもつながるのでしょう。化学的なことはわかりませんが、記録をするとがんばれるのは確かなようです。

 

そういえば昔、レコードダイエットが流行りましたね。1日に食べた物をただノートに記録していくだけで痩せたという人の本です。

 

↓今はこれらの本が出ています↓

  

 

今のところ、ダイエットはしなくて済んでいるけれど、海外移住したら高カロリーで太りそうだなあ…。5年後にはこういうノートを使っているでしょうか?怖いーー(笑)

タイトルとURLをコピーしました