海外旅行でモバイルWi-Fiのレンタルは必要か?

いきなりですが、ちょっと私は疑問を持ってしまいました。何に?って、海外Wi-Fiを借りて行く必要があるかどうか?ってことに。

 

今回、初めてレンタルして思ったのは、海外でモバイルWi-Fiが必用かどうかは行く先や現地での行動によるんだなということでした。

たとえばWi-Fi環境が整っている国に行く場合は、ホテルでもお店でも、たいていの場所でフリーWi-Fiが使えます。必要なのは、道で迷った場合や友達との待ち合わせくらいでしょう。

今回はフィリピンのフォートボニファシオだったので、まず道はわかりやすくてほぼ迷いません。しかも一人だったので待ち合わせも必要なし!ってことで、いらなかったかもな~と感じました。

まあ出発前はいろいろと不安だったので、Wi-Fi持ってるぞというお守り代わりの安心感にはなりました。

 

だから、回る予定の場所のWi-Fi環境を調べる事と、友達と会えなくなった時に落ち合う場所を決めておけば、必ずしも海外Wi-Fiは必要ないのではないかと思います。

実際、昭和の時代はそれで通用したんだし(笑)

 

今回私が利用したのは、Visaゴールドカード以上の会員向けサービスで、通常より20%offでした。(3日間で1,680円)

 

スポンサーリンク

出発前のレンタルは簡単だった

出発当日、どこにWi-Fiを借りに行けば良いかは、申込確認メールに詳しく地図があったのでわかりやすかったです。

申し込む時に、何時くらいに取りに来るかを30分単位で入力するようになっていました。入力欄に「出発2時間前を目安に」と書かれていたので、その通りにしました。これは目安なので、別に遅れたからってキャンセルされるなどはありません。

私は電車の乗り継ぎで2時間15分前に着いたのですが、何人かが並んでいました。

手続き自体はほんの数分で終わるので回転は速いです。

 

借りたWi-Fi一式はこちら↓

バッグ全体は思ったよりかさばります。B4サイズノートくらいかな?

 

 

でも本体自体は軽くて小さいです↓

 

スイッチを入れて試してみましたが、まだ日本にいるので当然ノーサービス↓

※日本にいる時に電源は入れちゃダメという情報もあります。現地に接続されて高額請求の可能性があるとのこと。私はWi-Fi設定まではしなかったので(接続はしなかった)無事でした。

 

現地到着後に早速使用

現地に着いたら空港からウーバーを呼びたかったので、早速レンタルWi-Fiを利用しました。この時はWi-Fiがあるということが心強かったです。

設定は普通のWi-Fiと同じ。本体裏側に書かれている記号のWi-Fiを選んで、暗号キーを入れるだけでした。

 

旅行中はほとんど使わなかった

せっかく借りたWi-Fiでしたが、観光中はほとんど使いませんでした。理由は、電波が入らない時が結構あったからです。

取説にも書かれていますが、建物の中や地域(国の通信事情)によって通信状況が悪い場合があるようです。

あと、電源の状態(オンオフ)がわかりにくいので、電源が切れていなくいことに気づかず電池切れを起こした時もありました。これは、ひょっとしたらただ単に、私が慣れていないせいかもしれませんが…。

 

帰国後の返却も簡単だった

結局、私の今回のケースはお守り代わりだったわけですが、返却も簡単でしたよ。

到着後、出口の側にあるカウンターが開いている場合はスタッフに渡し、確認してもらうのに1~2分。領収書をその場でもらうならあと数分かかりますが、「後日メールでいいです」と言うと、すぐに帰れます。

また、カウンターが閉まっている深夜や早朝などの時間だったら、返却ボックスに入れればいいだけです。

 

ちなみに、海外のプラグ形状に対応できる変換プラグもついているので、自分の電子機器用にも使えます。

私の泊まったホテルは電源が日本と同じと書かれていたものの、日本と同じ形は1か所だけだったので、他のコンセントの場所で使わせてもらいました。

 

で、結局、これからまた海外に行く時にモバイルWi-Fiを借りるかどうか?ですが、旅行程度の短期なら無くても何とかなるかな。

ビザを取りに行ったり、実際に移住する場合はむしろ、現地でレンタルする方が良いんじゃないかなと思います。それについてはこれから調べてまた記事にしますね。

 

☆後日追記…フィリピンではプリペイド式のポケットWi-Fiがありました。部屋で使う時は設置型のWi-Fiルーターでも良いですが、お部屋によって電波の良し悪しがあります。そのような場合や外出時などには、ポケットWi-Fiが役に立ちます。設定方法や利用方法などは⇒カリパイさんのブログに詳しく載っていたので参考にさせて頂きました。

 

タイトルとURLをコピーしました