海外の住み家を日本で決められると安心

今年のように暖かい年の瀬は、忙しい時期にはありがたいですね。本当なら大掃除を一生懸命した方が良いのでしょうけど、わが家は私たちが出て行ったあと、予定通りなら夫も引越しをするので、なんか腰が上がりません。出るときにはどうせ大掃除するからね…と。

私とカコがフィリピンに移住したら、もう広いスペースはいらなくなります。日本とフィリピンの二重生活になって、家賃がもったいなからもっと狭い家を探すことになるでしょうから。

気に入った家を探すのはなかなか大変ですよね。あらかじめ探しておいたって、実際に動く直前に空きが出るかどうかはわからないから。

時期もしっかり考えないと、去年の春のように引越し屋さんの手配ができない!ということもあり得ます。知人は東京から名古屋まで引越すのに引越し屋さんの空きがなく、異動は4月なのに引越しは5月になってしまったそうです。荷物は一時的に倉庫に預け、マンスリーマンションでひと月過ごすという、大掛かりな移動となってしまったとか。

スポンサーリンク

現地に着いてから家を探せるかという心配

私もフィリピンでどこに住もうかと、ある程度めぼしはつけているのですが、行ってからじゃないと契約できないから、良い物件が見つかるか、ドキドキしています。

学校からそんなに遠くなくて、なるべく病院に歩いて行ける距離がいいな。去年カコが熱を出した時には車が動かなくて1時間以上かかってしまったので、辛くてもなんとか歩いて病院に行ける場所だったら安心です。

ピンチ!海外で発熱!
1か月もいれば病気の一つや二つあるかな?とは何となく思っていましたが、本当に来た。ある朝起きたらカコの体が熱いのです。 そういえば前日に喉が痛いと言ってたっけ。 こちらは外が暑いのに室内の冷房がきつくて汗が冷えるのです。おまけに...

 

良さそうな物件をいくつかピックアップしたは良いものの、まだ契約は当然できません。それにこの後どうやってコンタクトを取ればよいかもわかりません。

ちなみに、探しているのは英語のサイトです。日本人相手の日本の不動産会社となると物件が限られてしまうし、余計な手数料がかかりそうだからです。日本語で探していてはほとんど見つからないので、英語で「地名(英語で)for rent」と検索窓に入力すると出てきます。

 

とりあえず到着から3~4日間の宿を確保し、その間に決めることにしました。日本を出発する前にネットで内見希望のメールを送って約束を取り付けておく予定。

現地の賃貸事情に詳しい方に聞いたのですが、日本人は内見をいくつもしてなかなか決めない、と現地の不動産屋からは評判が悪いそうです。その点中国人は契約期間中の家賃を一気にキャッシュで持ってきて即決する。そりゃ中国人に貸したくなりますよね(^^;

でも住み始めてからは日本人の方が評判いいらしいです。日本人はきれいに使うからです。うん、それは自信があるな。

 

現地で内見を代行してくれるサービス発見!

海外移住なんてただでさえ緊張するので、住むところが決まっていたら安心できるのに。どうしたらいいんだろう?と考えて、思い出したのがスキルシェアのサービスです。

スキルシェアと検索すると、ジモティ、ストアカ、クラウドワークス、などいろいろ出てくるのですが、「教えます」系のものや「ご近所」に限ったものが多いんですね。

そして見つけたのがこれ↓

ココナラ - みんなの得意を売り買い スキルマーケット
ココナラは「知識・スキル・経験」など、みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルマーケットです。友達に聞かれたり、お願いされるような「あなたの得意」を簡単出品。恋愛の相談から本格占い、キャッチコピー・ロゴ・イラスト作成まで何でも売り買いできます。

 

トラブルになりたくないのでそのページのリンクははりませんが、現地の物件の内見を代行してくれるサービスを発見しました。ナイス!

まだまだ先なので申し込みは今できませんが、ちょっと安心しました。2週間くらい前に連絡して見てきてもらえば、実際に自分が行った時には現金をパーンと渡して契約できます。うれしい。安心。

しかし、いろいろなサービスがあるもんですね。ほんと助かります。みなさんも、もしこんなこと頼みたいなと思うような不便なことがあったら、一度スキルシェアサービスを探してみると良いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました