どこの学校にしようか決められない…

子供に英語の力をつけさせたくてインターナショナルスクールに通わせる人がいますよね。そういう話を聞いて思うのは、「よく子供が嫌がらないなあ」ということ。

うちの娘のカコは、英語のイベントに参加させようとしても、「英語わからないからイヤ!」と断固として拒否します。

幼稚園とか小さいうちから行かせてしまえば大丈夫とよく言われましたが、小さいうちから「英語だからわからない!」って言ってたもんなあ…。

 

で、中学入学にあわせてフィリピンへ移住するのですが、はたしてどこの学校にすれば良いか?悩みます。

インターナショナルスクールは学費がめっちゃ高い!年間300万円くらい?の様子。

たとえばフィリピンで学校が集まっているメトロマニラで探すと、同じ場所に3校が見つかりました。

 

この地域はボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)です。マカティでも探したのですが、現地の学校や大人向けの語学スクールばかりで、日本人の子供が通えそうな学校は見つかりませんでした。

 

夏休みにフィリピンに行った時、日本人学校だけは写真に収めました。

↑マニラ日本人学校

 

他の2校(インターナショナルスクール、ブリティッシュスクール)もすぐ近くにあります。ただ、敷地が広いので、歩けば(校門から校門までとか)数分はかかります。

英語の授業について行けないだろうことを考えると、日本人学校が無難かなと思いますが、せっかく海外の学校に行くのにもったいないと人からは言われるし、どうしたもんか…。

 

本当は教育的観点から考えたい所ですが、先立つお金次第になってしまうので、ここでは学費について調べてみました

公式サイトを見ると、学費は以下のようになっていました。

 

スポンサーリンク

タギッグ市にある3校の学費

細かい内訳は統一して書けないため、詳細は各校の公式サイトでお確かめください。

なお、ブリティッシュスクールインターナショナルスクールは、ペソの他のお金も必要です。「ポンドやドルorペソ」ではなく「ポンドやドル+ペソ」なのでご注意下さい。

 

●マニラ日本人学校(2018年度)

入学金-22,000ペソ

授業料-小学校168,000ペソ/年、中学校171,600ペソ/年

施設費-62,400ペソ/年

教材費-4,720-18,540ペソ/年

保険-500ペソ/年

寄付金-2,000ドル(種類が分かれているのでわかりませんが、たぶんこれ)

その他-教材費、PTA会費、バス代など

 

※1ペソ=2.4円、1ドル=110円で計算した場合の年間合計金額

約100万円-150万円

 

ウェブサイト:http://www.mjs.org.ph/

 

●ブリティッシュスクール・マニラ(2019年度)

※受入れ学年は18歳までですがここでは小中について書き出します

※学年と年齢が日本とは違うのでご参考程度にご覧ください

 

入学金-310,000ペソ

授業料-4,815-5,670ポンド/年と454,740-539,790ペソ/年

 

 

その他-年間50万ペソくらい(詳細は不明)

 

※1ペソ=2.4円、1ポンド=145円で計算した場合の年間合計金額

約370万円-400万円

 

ウエブサイト:http://www.britishschoolmanila.org/

 

●インターナショナルスクール・マニラ(2019年度)

※受入れ学年は17歳までですがここでは小中について書き出します

※学年と年齢が日本とは違うのでご参考程度にご覧ください

 

入学金-入学金にについての記述は見つけられませんでした。説明会で教えてくれるのでしょうか?

授業料- 小学校Grade 4まで(10歳まで)12,000ドル/年と383,000ペソ/年、中学校Grade 5-8まで(13歳まで)13,100ドル/年と420,000ペソ/年

施設費-3,500ドル

 

※英語を母国語としていない場合、補習代として2,000~3,500ドル以上は必要になる

※1ペソ=2.4円、1ドル=110円で計算した場合の年間合計金額

約340万円-420万円(入学金を50万円と仮定した場合)

 

ウェブサイト:http://www.ismanila.org/

 

学校選びの条件

学校選びはもちろん学費だけじゃ決められません。

学費以外の条件で考えた方がいいことを挙げてみます。

 

・英語教育を重視するか、高校で日本に戻ることを重視するか?

英語教育重視なら外国系の学校、高校で日本に戻るなら日本人学校じゃないと入れない(と聞いている)

 

・英語で授業について行けるか?

インターナショナルスクールなら補習授業でカバーしてもらえるがブリティッシュスクールは難しそう

 

・親の立場はどうか?

学校とのコミュニケーションが取れるか?PTA活動は患わしくないか?など

 

いろいろ考えることは多いですが、結局はご縁があるところに決まることだろうと気を楽に考えたいと思ってます。

 

※インターナショナルスクールと日本人学校のメリットやデメリット、マニラ日本人学校の評判などの記事を更新しました。⇒2018年9月20日の記事

タイトルとURLをコピーしました