インターナショナルスクールにするか日本人学校にするか

夏休みの間に無事にビザを取得して、もう海外移住はかなり現実的な範疇に入りました。

これからの検討事項は、住むところをどうするか、お金をどうやって送るか、などですが、中でも決めなきゃいけないのが学校をどうするか?です。

 

私が「インターナショナルにするか日本人学校にするか迷っている」と言うと、「子供の英語力を伸ばしたくて海外に行くのに、日本人学校に行ってどうするの!」とよく言われます。

日本人学校は日本の教育方針に従って授業が行われるので、授業は日本語で行われるからです。英語や英会話の授業はあるものの、英語が上達するとは言いがたい環境です。

 

両方の学校に通ったことのある人に聞かないと、それぞれのメリットやデメリットを語ることはできませんが、今わかっていることを自分なりにまとめてみたいと思います。

なお、日本人学校は義務教育機関なので中学校までです。

 

 

スポンサーリンク

インターナショナルスクール

メリット

  • 授業、生活が英語
  • 外国人の友達がたくさんできる
  • 卒業後はさらに海外へ進みやすい
  • グローバルなものの見方ができるようになる

 

デメリット

  • 学校からの手紙がわからない可能性あり
  • 学費が高い
  • 日本の高校には(中卒認定試験に合格しないと)入れない

 

日本人学校

メリット

  • 子供が溶け込みやすい
  • 卒業後は日本の高校に進める
  • 親が楽
  • 何かの時に周りに頼りやすい

 

デメリット

  • 現地の知り合いができにくい
  • 英語力が思うようにつかない
  • 日本人社会から抜けられない

 

 

参考情報

インターナショナル学校と日本人学校、それぞれのメリットやデメリットを比較して最終的には決めるわけなんですが、各ご家庭の事情で選択肢は違ってくるでしょう。

まず、学費がインターナショナルスクールは日本人学校の2~3倍と言われています。(学費についての記事は⇒こちら

学校のホームページにある程度載っていますので、ここではホームページには載っていない情報だけ載せておきます。たまたま知り合いになった、内部の様子をご存知の方に伺った情報です。

    • 入学のための試験はよっぽどの事がない限り合格できる
    • 試験は移住後、4月の始業式直前
    • 徒歩通学は禁止(親の送迎かバス、ただしバス停までの送迎は必須)
    • 転勤族が多くて数年で入れ替わるため、主(ぬし)のような人はいない

なお、年々変わる部分があることをご承知のうえでご参照ください。

 

タイトルとURLをコピーしました