インターナショナルスクールにするか日本人学校にするか

夏休みの間に無事にビザを取得して、もう海外移住はかなり現実的な範疇に入りました。

これからの検討事項は、住むところをどうするか、お金をどうやって送るか、などですが、中でも決めなきゃいけないのが学校をどうするか?です。

 

私が「インターナショナルにするか日本人学校にするか迷っている」と言うと、「子供の英語力を伸ばしたくて海外に行くのに、日本人学校に行ってどうするの!」とよく言われます。

日本人学校は日本の教育方針に従って授業が行われるので、授業は日本語で行われるからです。英語や英会話の授業はあるものの、英語が上達するとは言いがたい環境です。

 

両方の学校に通ったことのある人に聞かないと、それぞれのメリットやデメリットを語ることはできませんが、今わかっていることを自分なりにまとめてみたいと思います。

なお、日本人学校は義務教育機関なので中学校までです。

 

 

スポンサーリンク

インターナショナルスクール

メリット

  • 授業、生活が英語
  • 外国人の友達がたくさんできる
  • 卒業後はさらに海外へ進みやすい
  • グローバルなものの見方ができるようになる

 

デメリット

  • 学校からの手紙がわからない可能性あり
  • 学費が高い
  • 日本の高校には(中卒認定試験に合格しないと)入れない

 

日本人学校

メリット

  • 子供が溶け込みやすい
  • 卒業後は日本の高校に進める
  • 親が楽
  • 何かの時に周りに頼りやすい

 

デメリット

  • 現地の知り合いができにくい
  • 英語力が思うようにつかない
  • 日本人社会から抜けられない

 

 

参考情報(マニラ日本人学校)

インターナショナル学校と日本人学校、それぞれのメリットやデメリットを比較して最終的には決めるわけなんですが、各ご家庭の事情で選択肢は違ってくるでしょう。

まず、学費がインターナショナルスクールは日本人学校の2~3倍と言われています。(学費についての記事は⇒こちら

その時点で我が家の選択肢は日本人学校1本となってしまいそうです。

 

そこで、マニラ日本人学校について私がお聞きした情報がありますので、ご参考までまとめます。

学校のホームページにある程度載っていますので、ここではホームページではわからなかったことだけ載せておきます。

 

  • 入学のための試験はよっぽどの事がない限り合格できる
  • 試験は移住後、4月の始業式直前
  • 保護者がマニラ日本人会に入会するための推薦人がいなければ学校が対処してくれる
  • 徒歩通学は禁止(親の送迎かバス、ただしバス停までの送迎は必須)

 

我が家はすっかり徒歩で通えると思っていたのですが、そこはやはりフィリピン。

治安が良い地域とはいえ、油断は大敵なのでしょうね。

保育園児だったカコはバスで通う経験が今まで無かったので、「いいなあ」と言っていたことがありました。意外なところでそれがかなうことになりました。

 

なお、ご注意いただきたいのは、年度が変わると内容も変わる可能性があるということを強調された点です。

日本でもよくそういう言い方をしますが、フィリピンでは本当によく変わるので、必ず問い合わせてご確認下さい。

 

それから、内部の様子をご存知の方に伺った情報によると、転勤族が多いために数年で入れ替わり、主(ぬし)のような人はいないそうです。

会社から派遣されて来るような家庭の子なので、生徒たちは皆落ち着いているともおっしゃっていました。

主がいないから親たちの派閥が無いのは良いのですが、お茶や習い事などを集まってやっていると聞き、ちょっと恐れをなしています。

我が家のように、転勤でもなく母は家で仕事しているという家庭は無いのでしょうね。

ある程度は浮くのを覚悟で、たまにはお付き合いしようかなと思っています。

皆と違うことを恐れてたら何もできないから…。

 

※関連記事⇒一人だけ違う

タイトルとURLをコピーしました