予防接種貧乏になりそう

もう…痛いです。

久しぶりの注射も痛いけど、ふところが!

海外移住は、行く先によってたくさんの予防接種を受けなければなりません。

強制ではないのだけれど、子供は安全を見て受けておいた方がいいですよね。

 

それに、自分ももし肝炎にかかってしまったりしたら隔離されるわけだから、そうしたら何日間も子供は一人で過ごすことになります。そんなの無理でしょう。

だから私もなるべく受けておきたいとは思うのですが、何しろ1回につき10,000円から15,000円くらい。

1回につきですよ!

 

これを1種類の予防接種につき2~3回ずつ受けるのです。

いくら数字に弱い私だって、めちゃ高くなることはわかります。

 

今回、予防接種をどこにしようか迷ったのですが、海外渡航に詳しい病院を探し、品川駅にある品川イーストクリニックに相談することに決めました。

横浜の方に感染病に詳しい病院があるそうなのですが、先のことを考えて、いろいろと相談できそうな品川イーストクリニックにしました。駅からは濡れずに行けるインターシティ内にあります。

 

小児科は火曜日の午後しかやっていないので混みます。でも、うちはもう騒ぐ年齢ではないので本を読ませて待ちました。

トータルで15分くらい待ったでしょうか?問診票を書く時間もあったので、そんなに待った感じはしませんでした。

 

行き先の国(地域)、期間などを聞かれ、どんな予防接種を打ちたいか聞かれました。

 

私「素人ながら調べてみましたが、予算的な都合で最低限のものにしたいんですよね。」

先生「そうですね、最低限というと、肝炎は打っておいた方が良いでしょうね。」

私「はい。今日はA型肝炎をお願いしたいと思ってます。」

先生「A型肝炎もですが、B型もなるべく打っておいた方がいいですね。」

私「そうですか。ところで、狂犬病はどうでしょう?この間行った時、犬がいっぱい散歩してたんですが。」

先生「狂犬病はお子さんだけじゃなくてお母さんも受けた方が安心ですね。相手の犬が予防接種をちゃんと受けていない場合も多いですから。最近は日本でも増えているみたいですよ。」

私「はあ。悩みますね~。」

先生「そうですね。1種類で5万円はかかってしまいますよね。」

私「…」

 

1種類で約5万円。しかも最低受けた方が良いと言われているものが3種類。

2人分となると、5×3×2

さ、さんじゅうまんえん???

 

30万円あったら豪華旅行に行けてしまいます。そりゃ無いよ、先生!

 

でもさらに、カコはおたふくや水疱瘡の2回目を、私は破傷風や日本脳炎を受けておいた方が安心だと…。

 

前に予防接種のスケジュールを考えた時、10万円は覚悟しなきゃと思っていましたが、とんでもない!今じゃ10万円が安く感じてしまうほどです。

 

うーーん、どうしようかなあ?

 

とりあえず昨日は私はA型肝炎を、そしてカコはA型とB型両方(両腕)に打ってもらいました。しめて4万円なり~(T_T)

 

もう、移住する前に予防接種貧乏になってしまいそう。。。

腕も心も痛い私なのでした。

 

でも、病院はここにして良かったかも。

今後の予防接種のスケジュールを作ってくれたり、副作用が出た時の近所の救急病院の連絡先が載った用紙をくれました。(品川が遠い人には役に立たないかもしれないですが)

ワクチンの値段はどこでもそんなに変わらないので、何かあった時に備えて実績が多い病院の方が安心かなと思いました。

 

※移住に向けて受けた予防接種をまとめました⇒海外移住に向けた予防接種

 

タイトルとURLをコピーしました