個人手配で一人旅をする時のコツ

我が家が目指している海外移住先はフィリピン。ところがまだ一度も行ったことがありませんでした。東南アジアで行ったことがある国は、シンガポールとタイ、マレーシアで、どれもツアーで連れて行ってもらいました。

夏にビザを取りにフィリピンに一か月行きますが、見知らぬ国にいきなり一か月の滞在は、持ち物とかいろいろ不安です。だから、その前に一度、一人で視察に行ってみることにしました。

スポンサーリンク

出発前の手配

航空券の予約

個人で手配する海外旅行は割高になることが多いです。それに空港からホテルまでも一人でなんとか移動しなければなりません。だから本当はツアーに参加したかったのですが、日程や行きたい場所がなかなか合うものが無いんですよね。仕方なくホテルと航空券のセット割を、個人(私はH.I.S)で申し込みました。一人旅の時は特に早めに予約して早割を利用したいものです。

 

出発前日

個人手配の場合に気をつけなければいけないのは、航空券とチェックインです。

航空券の予約受付確認は1ヶ月くらい前に旅行会社からメールでとどきます。申し込んだ時に登録するID(メールアドレスの場合もあり)やパスワードでマイページにログインすると、Eチケットが発行されているのを確認できます。そこから『Eチケット控え』を印刷します。

   ↓

 

このEチケット控えをプリントアウトして持参します。

出発の24時間前からはウェブページで事前にチェックインでき、その時には搭乗券発行手続きもできるので、搭乗券を印刷して持って行けば、さらに当日スムースに入れます。

印刷しなくても大丈夫です。空港カウンターでEチケット控えをチェックイン時に見せればそこで搭乗券を発行してくれます。(搭乗券があってもEチケット控えは忘れずに

 

また、ウェブチェックインでは座席変更もできます。

旅行会社では、一人旅の人には真ん中の席の通路側(下の図黄色)を取ることになっているようです。自分がトイレに行く時も出やすいし、隣の席の人に寝ているのを邪魔されることも少ないからです。

 

私が電話で確認した時には、真ん中席の通路側を抑えてあると説明されました。

ところが、実際にウェブチェックインして見てみると、端の席の通路側になっていました

なので、安心してそのままにしないで、チェックイン時(空港のチェックインでも可)に座席を確認しておきましょう。違う席がいい場合は、チェックイン時に変更してもらいましょう。

 

なお、帰国時は24時間前というと旅行の最中なので、ウェブチェックインはできても印刷はできないことが多いですよね。その場合は、ホテルやコンビニでわざわざ印刷しなくても、帰りの空港で『控え』を見せてチェックインした方が楽です。

 

搭乗時

私は一人旅の時は荷物を預けずに、手荷物として機内に持ち込むようにしています。その方が到着した後にすぐ出られるし、荷物が無くなってしまう心配が無いからです。

※2018年4月追記

フィリピンから帰る日のチェックインでは、預入荷物が無いのでビジネスクラスカウンターで手続きをしてくれました。いい気分!

 

ハンドバッグなどとは別にもう一つ、約50 x40 x 25cm以内の荷物を機内に持ち込めます。(航空会社や国内外などによって違うので搭乗する航空会社で確認してください)

 

こういう折りたためる軽いバッグがおすすめ↓

 

これは折りたたむと長財布くらいの大きさになるので、スーツケースで旅行する時にも便利!お土産で帰りの荷物が増えても安心です。

⇒おりたたみトートバッグを探す

 

海外に到着後

両替

海外の空港に到着したら、両替がまだな人は、1,000円~2,000円分くらいを両替しておきましょう。

空港の両替レートは割高だという人もいますが、慣れない国で一人行動なので、街中の両替所やATMは様子を見て慣れてからの方が安心です。

 

空港からの移動

個人旅行で問題なのが空港からの移動手段。香港のように鉄道が整備されている所は安心ですが、タクシーくらいしか選択肢が無い空港も多いです。シャトルバスがあったとしても、メジャーなホテルにしか行かないケースも多いです。

 

そこで、おすすめなのがUber(ウーバー)です。日本が規制されていますが、海外では利用できる国がたくさんあります。

私も最初は全然わからないのにウーバーなんて無理だろうと思ったのですが、アプリを日本でダウンロードしてみると心理的なハードルが下がりますよ。簡単だし日本語表示されるので、「なんかできそう」という気分になります。

ウーバーが良い点は、カード決済なのでその場の現金のやり取りが一切無いこと。チップをどうしようか?と悩む必要もありません。

ドライバーは登録時にちゃんと審査をパスしていることと、評価システムがあるので、何も悪いことができない点も安心できます。

 

一人旅の心得をまとめると、以下のようになります。

 

1.Eチケットを印刷

2.チェックイン時に座席を確認

3.荷物は手荷物として機内に持ち込む

4.着いたら両替

5.ウーバーでホテルまで

 

一人だと何かと不安になりますが、事前に調べてコツを抑えておくと安心です。あとは深呼吸をして、せっかくの一人旅を存分に楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました