住む所はどうする?

子供を海外の学校に入れる。そして親がついて行く。志はあれど、無いのは住みかです。

海外に親せきがいるわけでもなければ、会社が住居をお膳立てしてくれるわけでもないし。

個人で計画する海外留学は、業者に頼るしかないのだ。でもどの業者だったら信頼できるのか?あまりに情報が少なくて困った。ぼったくり業者も多いと聞きます。

業者の見分け方もそのうちにまとめたいと思うけれど、今はまだ知識が無いので、ここではフィリピンのケースを、私が業者さんから聞いた情報としてお伝えしたいです。

スポンサーリンク

賃貸物件に住む

海外に永久的に住もうと思っているのでなければ、賃貸コンドミニアムに住むのが一般的。これは誰もが想像つくと思います。

フィリピンのコンドミニアムは家具や家電つきなので、身一つで引越できるのが便利です。日本も早くそうなればいいのに。まだ単身者用のマンションくらいしか、家具付き物件の話は聞いたことがないみたい。

さらに、ほとんどのコンドミニアムにプールやジムがついている。今度の夏にビザを取りに行くのだが、カコも私もプールで泳ぐのを楽しみにしています。

賃貸に関しては、留学斡旋業者などに相談するといろいろな情報をくれるだろうと思います。

コンドミニアムを購入する

子供が学校に行く3年間、ないし6年間、家を借り続けたらどうなるだろう?

日本では賃貸に住み続けるのは当たり前のことですが、経済成長著しいフィリピンでは、家賃の値上がりが激しいそうです。1年たったら倍になっていることもあり得るとのことで、物件を購入して住んでしまった方が良いかもしれませんと言われました。

ただしこれは、地域にもよるし、学校に通う年数にもよる。

 

我が家の場合は、検討した結果、コンドミニアムを購入してそこに住むことにしました。

住んでいる間に、経済がどのような状況か、肌で感じることができるので、値上がりした際、売り時がわかるのが嬉しい。

ただ、こわいのは、値上がりするだろうという予測のもとに動いていること。供給過剰で売値が下がってしまったら痛手は大きいです。

 

賃料と比べてチャラになるかどうか?フィリピンの固定資産税は低いと聞くけれど、管理費もかかるし、購入費用自体は、もう決して安くはない相場になっています。

それに労力も半端ない。フィリピンの物件購入はめちゃくちゃ面倒くさいのです。書類1ページ1ページに全部サインしなきゃならなくて、枚数は気が遠くなるほど分厚いので。

未来のことは誰にもわからないので、購入と賃貸とどちらが良いか?の答えはずっと出そうにありません。

タイトルとURLをコピーしました