何か障害が出て来た時

平昌オリンピックの金メダルを取った羽生選手が、ケガからの回復が「とにかく大変だった」と言っていました。

そんな中でメンタルを強く保てたのは、「これだけ大変だということは、金メダルにつながっているからなんだろう」と考えたからだそうです。

そういう風に信じることができなかったら、心が簡単に折れてしまうでしょう。辛いことが必ず報われると思えれば、人は割と頑張れるものですよね。

だから成功体験のある人は、報われることを知っているので努力できます。

心が迷ったりくじけてしまうのは、その努力が本当に正しいのか?こんなに頑張ってもムダなんじゃないか?と思う時です。

海外移住の準備をしていると、物事が思い通りに進まなかったり、時々ものすごく不安になったりします。今、私はまさにその最中にいる。

夏にビザを取りに一か月フィリピンに行くのに、その前に引っ越すことになったり、親が膝の手術で入院することが決まりました。

無犯罪証明書を取りに行く時に住所が変わるのって大丈夫?

引っ越しの話やフィリピンの話を親とゆっくりしたかったのに…

 

と、落ち着かない気持ちでいます。

久しぶりにランチをしようと誘ってくれた友人は、「重なる時って重なるのね」と言っていました。

そう。なんでこの時期に重なるの?

 

だけど、今こそ信じなきゃいけないと思います。いよいよ来たか!と。

フィリピンへ移住への道が開けてるから、今障害が起きているんだ。

後でこのブログを振り返って見た時、こんな時期もあったんだなと笑っている自分を想像したいです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました