移住前にビザを取ることの是非

私は海外移住する前にビザを取ったのですが、果たしてそれが良かったのかどうか?

移住前にビザを取ることのメリットとデメリットを、感想を交えてまとめてみます。

※この記事はフィリピンの話です。

 

スポンサーリンク

移住前にビザを取るメリットとデメリット

事前に取って良かったこと

海外へ移住する前にビザを取るメリットとしては、次のようなことがあげられます。

  • 必要な書類を日本で揃えるので準備が楽
  • 実際の移住に必要な持ち物や心構えがわかる
  • 本当に移住するという決意や覚悟ができる
  • 目的達成感がある
  • 家族や周りを説得しやすくなる

 

書類をそろえる段階で、「あれが足りなかった」「これも必要だった」と言われたものがありました。

そのように途中で不足に気が付いた時、もう移住してしまっていたら、日本から送ってもらったりして時間や手間がかかります。

移住前に揃えれば、その分楽にそろえられます。何しろ海外は日本のようにきちんとしていないですからね。

 

書類じゃなくて『持ち物』をそろえる時には、不足より不要なものが多くありました。

現地で安く手に入るものはいっぱいあったし、逆に現地では手に入れにくいものは何か?も知ることができました。(関連記事⇒持って行って良かったものといらなかったもの

ビザのために事前に滞在したことで、引越しの荷物が膨大にならないで済みそうです。

 

また、ビザを取ったら目的を達成した満足感ができ、移住が夢から現実へと一気に加速しました。

もしビザを取っていなかったら、ギリギリになって親戚や家族に止められてしまうかもしれません。「やっぱり子供のことを考えたら日本の方がいいわよ」とか、おじいちゃんおばあちゃんが言いそうですよね。

そんな時に「もうビザを取ったので」という必殺技が使えます。

羽田空港の画像

 

移住後の方が良かったかなと思ったこと

移住する前にビザを取るデメリットとしては、こんなことが考えられます。

  • 渡航費や滞在費がかかる
  • 万が一移住できなかったら無駄になる不安がある
  • 移住までの年会費も取られてしまう
  • 現行のビザの制度が変わってしまう可能性もある

 

デメリットと思ったことは、実はそんなにありませんでした。

ただ、いつ発給になるかがわからなかったので、帰りの飛行機を変更したり、宿泊数の延長が必要になる可能性に怯えていました。

それを考えると、移住後の取得の方が、どんなに延びても焦らなくて済むというメリットがあります。

 

たとえば日本だったら、「30日で発行」と言われれば必ず30日で入手できますが、フィリピンはそもそも明言していないし、コロコロ変わります。だから予定が非常にたてにくいです。

これがもし、退職者ビザ(SRRV)ではなく永久ビザ(クオータビザ)だったら、1か月も滞在は必要ありません。ただし、ビザを手にするまでに3回の渡航が必要になる上、取得代行費用が50万円~数百万円とバカ高いので、ここでは取り上げないことにします。

 

退職者ビザの話に戻ると、ビザを取った後は、毎年年会費(更新費用)がかかります(2018年9月現在で360米ドル/年)。

3年分はまとめて払えるので、移住までの期間が3年以内なら、移住までにさらにまた渡航する必要はなくて済みます。

いずれにしても、移住前に取得するとその分余計に年会費がかかります。

 

これをどう見るか?ですね。

年間約4万円を、まだ移住していないのに払わなければいけない訳です。

私の場合は、途中で移住計画がポシャってしまいたくなかったので、年間に4万円払っても「やむを得ず」と思えますが、気持ちが揺らがないと自信をもって言える人は、移住してからビザを申請した方が良いと思います。

 

米ドル紙幣の画像

 

そしてこれは仕方のない話ですが、あくまでも国の制度なので、将来的にビザの発給要件が厳しくなることは考えられます。

永久ビザなら大丈夫でしょうけど、退職者ビザの制度が廃止にでもなれば、せっかく取ったビザは無効になります。

なので移住予定がまだまだ先の人は、早く取得しすぎない方が無難かもしれません。

 

※2019年3月追記

移住を来年に控え、やっぱりビザを事前に取りに行って良かったと思っています。厳密にはビザを取れたことが良かったんじゃなくて、取るための滞在が今となってはとても役立っています。

まず、どこに住もうかと考える時、土地勘があるので周辺がどんな感じか、ある程度わかります。それにタクシーやGRAB(配車アプリ)の乗り方もわかるから安心です。病気に対しても必要以上の心配がいらないし、生活をイメージできるのは私にはメリットが大きかったです。

なので、時間とお金に余裕がある方は、お子さんの夏休みにでも短期語学研修のつもりでビザ取得を事前にするのはおすすめですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました