なんで移住する前にビザを取ることにしたか

子供を海外の学校に行かせられたらいいなあと漠然と考え始めてから約2年。最初はただの妄想だったのが、とうとう現実として目の前に見えて来ました。

この夏休み、ビザをとりにフィリピンに行って来ます。

 

え?移住する前にビザって取らなきゃいけないの?と慌てた方はご安心ください。普通は実際に移住してから申請する場合が多いので。

なんで私は移住する前にビザを取ることにしたかというと、こんなことを考えたからです。

 

スポンサーリンク

移住する前にビザを取るメリット

1.海外移住を現実にするため

海外に移住できたらいいな、子供を海外の学校に入れたいな。どれもそのままだと「考えてはいたんだけどねえ」で終わってしまいます。

自分のお尻をたたいて動かすため、後戻りできないようにしました。

大金を使ってビザを取ってしまえば、あとはもう行くしかない!

 

 

2.現地の様子を見ておける

実際に移住できることになっても、いきなり知らない国に引っ越すのは勇気がいります。

旅行で3日くらい行くのではなく、現地で生活してみて、必要なものや向こうで買えるものなどを知りたいと思いました。

 

 

3.子供をその気にさせられる

我が家の娘、カコは小学生です。中学はどこに行きたいか、まだ自分の意思がないうちから「カコはフィリピンの中学に行くのよ」と吹き込んでいました。

でもだんだん、お友達と違う学校へ行くことに抵抗を持つようになるはずです。

そして、英語がわからないしまったく知らない国、という不安が拒否反応を起こさせる可能性があります。

そんな時、長期滞在の楽しい思い出があれば安心できるし、そこで英語の力をつけられれば自信もつくでしょう。

ビザがおりるまでの1か月前後、英語研修に通わせてもらいます。

 

 

これらのメリットを考えて事前にビザを取ることにしたのです。

もちろん、お金はかかりますが、塾代や受験代の代わりと思って先行投資を決めました。

ビザを無事に取れて帰って来たら、トータルでいくらかかったかもまとめてみたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました