ATMが減っていく

引越して来た場所は、近くに銀行がありませんでした。

ATMはあるけれど、今まで使っていた三井住友銀行のATMが見当たらない

もちろんセブンなどのATMでお金は出せるけれど、手数料がかかるし記帳もできません。

20年くらい前、五反田支店と品川支店のどちらで口座を開くか悩んでいました。住んでいた家が両方の駅の中間あたりだったからです。

五反田支店で相談したところ、「どちらでも特に変わりはありませんよ」と言われ、品川支店で口座開設をすると、その1か月後に品川支店閉鎖→三田通支店へ統合のお知らせをもらいました

 

 

な、なに~っ?!

1か月後に閉鎖するなら五反田支店で開きたかったよ。三田通支店って電車で行かなきゃならないじゃない!

そりゃ出金や入金で不便はないけどさ、もっと込み入った手続きをする場合は口座開設した支店まで行かなきゃいけないんだし。

 

と腹を立てたけれど、今はたいていの取引が支店に限らずできるみたいですね。

 

その時からだから、三井住友銀行とはかなり長いおつきあい。

フィリピンのビザ申請用預託金も、三井住友の外貨口座で準備しています。

 

でもそんな状況を見て、私はふと思いました。

三井住友銀行あぶないんじゃない?って。

 

コンビニやスーパーもそうですが、銀行って地域によって強いところがありますよね。

たとえば前に住んでいたところはライフだらけ。今はマルエツが多い、みたいな。

 

銀行でいうと、三井住友のATMが割りといっぱいあって、みずほはほとんど見かけませんでした。

 

が、最近気づきました。他の場所では三井住友ってそんな多くないんですね。

そう思ったら急に不安になって来て、調べたところ、外貨預金は預金保険制度の対象ではないんですね!(→預金保険機構のサイト

 

どうしよう?なんとか、フィリピンへの送金が済むまで(破産とか笑)もってくれるだろうか?とイヤな予感がし、思わず決算資料まで見てしまいましたよ。

あまりよく理解はできなかったけれど、自己資本比率とかキャッシュフローとか特に問題はなさそう。(他の銀行とあまり変わらない)

 

そしたら発見!先週のニュースで、三菱UFJ銀行と三井住友銀行が、名古屋を候補地としてATMをお互いに使える実験をするって出ていました。

 

つまり、キャッシュレス社会になって来たから、今後ATMはどんどん減らしていくってことなんですね?

ホッ。とりあえず7月までに倒産してしまうことは無さそう(^^;

そんな結論にいたり、そして発想の転換をすることにしました。

 

私もだいぶカード払いに切り替えてはきたけれど、もっとキャッシュレスを進めて、記帳はオンラインバンキングのデータを保存することにします。

今まで、保存したデータは保存場所がわからなくなったり、パソコンが壊れた時に困ると思って嫌だったのですが、もう保存と同時に印刷して手元に持っておくことにします。

こだわりは捨てて、軽やかに発想転換していきたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました